« 0010 | トップページ | 0012 »

ゴルファーの最大の錯覚は、スイングプレーンという円盤の面を伸ばしていって、それが地面と接するところに真っ直ぐな線をイメージしてしまうことである。アイアンマットの白い線が悪いのだ。

そんな線は存在しないし、その線上にボールを置いてもただ一点を除いてヘッドは決してボールに届かない。円盤はただ一点でしか地面に接しないから、そこ以外ではヘッドは空を切るだけである。線はないのだ。

佐藤精一プロがテレビ番組で懸命に説明しようとするのは、このことなのである。インパクトの後、手を幾ら前に伸ばしても意味がない。そこには何もない。スイングというのはそこそこ円運動だから、インパクトの後はバックスイングと同じように体に巻き付いていくものなのだ。

佐藤プロは嫌と言うほどそれを知っているから、一生懸命教えようとするのに、ほとんどだれも理解してはくれない。

ついでながら、インパクトの後に地面に投影された意味のない飛球線に沿ってヘッドを出したがる原因は錯覚ばかりではない。実を言うと、その方がずっと楽なのだ。

もしインパクトで握っているクラブを離せばクラブは真っ直ぐに飛び、腕は正しく回るはずだ。ところがクラブを握っている限り、クラブは遠心力で前に行こうとする。廻る気などさらさらないのだ。そういうクラブを、無理矢理円運動させるためには自然ではまずいのだ。

真っ直ぐに進むはずのものを曲げて円にするには、シャフトの長さに角速度の自乗を掛けただけのパワーを必要とする。そのパワーがなければゴルファーの体はクラブに引っ張られて錯覚の世界をさまようことになっている。つまりゴルファーは必ずしも錯覚だけで飛球線に沿ってヘッドを出し続けるわけでもないのだ。

遠心力と戦うパワーを出すのだ、と考えればフォロースルーは佐藤プロの願い通り自然に折れ曲がってくるだろう。インパクトの後、ボールはすでに飛びだしているのだから、それ以上何をしても意味はない。

後はただクラブを遠心力に負けないように、あるいは向心力を維持するように動かそうとすればいい。ボールを打った後、腕がクラブに引っ張られるのを「踏ん張ってこらえてみる」と、それがそのまま佐藤精一プロの教えるスイングになる。

不思議なことに、ドライバーのような遠心力の大きなスイングの方が、かえって自然に踏ん張るからクラブはうまくたたまれて円運動になっている。アイアンのように小細工が出来るものほどフォロースルーがおかしくなる。

クラブの長さが長くなるほどパワーが出るから、それだけ長い方がクラブに引っ張られる感じがわかりやすいのだろう。

結局自然に振っては自然にならない。フォロースルーを前に出したい錯覚の線と、ほっておけば真っ直ぐ飛んでいくはずのクラブが助け合って佐藤プロのレッスンを邪魔する。インサイドアウトに打てという恐ろしい話がそれに拍車を掛ける。それらに対抗するには、「自然」に対抗する踏ん張りがいるのだ。

ダウンスイングを力で引っ張るゴルファーは、フォロースルーでそのまま力を出し続ける。向心力が見えないので、力のままにクラブを前へ伸ばしていってしまう。その点スインガーはヘッドの重みを感じながらスイングするから、本人はただ体がスイングに引っ張られないようにしているだけで割合錯覚に陥らない。佐藤プロはスインガーだから自然にそれが出来る。

« 0010 | トップページ | 0012 »