« 0031 | トップページ | 0034 »

パッティングをパワーオフで合わせるゴルファーは少ない。正の加速度でボールを捕らえなければ、ボールの転がりが悪いという考えだ。パターはパワーを必要としないストロークで、パワーを出しながらのコントロールを考えないで済むが、一般のショットではパワーとコントロールを秤(はかり)に掛けざるを得ない。果たしてそのとき、パワーオンで振り抜くのか、パワーオフでインパクトを待つのか、それが問題だ。

汽車が走る限り「汽車ぽっぽの煙」は後ろへたなびき続ける。ゴルフクラブが体に巻き付いたままではボールには当たらない。パワーオフで汽車が止まれば煙は真っ直ぐ上へ立ち登る。パワーオフでボールを打つ仕掛けはそうだが、それならパワーオンでなぜクラブヘッドがボールに当たるか不思議だ。

身長の3倍弱の長さのビニールホースの端をつかんで、それをラケット代わりにサーブのまねをしてもらうと、上手な人のホースは天高く真っ直ぐに伸びてまるで竹竿のようだが、普通の人がやると大蛇のように体に巻き付くばかりでサーブのスイングにならない。

これは案外難しいらしく、相当テニスがうまい人でも簡単には出来ない。ということは、クラブをインパクトでアドレスと同じように真っ直ぐさせることは案外に難しいことかも知れない。相当うまいゴルファーでもなかなか出来ない芸当なのだと考えられる。

ホースを上手に動かすには常に手がホースに引っ張られていなければならない。それが途切れるとホースは曲がって体に巻き付いてしまう。一番難しいのは初めのバックスイングのところで、ここでホースに引っ張られることがなかなか出来ない。勢いよくホースを後ろへ引っ張ったときに作られる「ホースが手を引っ張る力」を、スイング中誤って吸収しないようにホースを空に向けて振り上げられればほとんど成功したと言える。

ゴルフスイングで言えばダウンスイングは引っ張るのだからクラブに引っ張られる力は自然に出てくるが、問題はバックスイングだ。バックスイングでクラブを振りだした瞬間から、「クラブに引っ張られる力」を感じながらトップまで行かなければならない。そんなことが出来るか。

クラブを振り上げるのは自分の力である。その自分の力を、次の瞬間から自分を引っ張る力として感じるというのはどういうことか。問答めいた話だが、風船のヨーヨーは、下に投げた次の瞬間から投げたその手を引っ張っている。ところが、その「瞬間」までには間がある。ゴムヒモの長さだ。ヒモがたるんでいる間、手は引っ張られない。

精密な話で恐縮だが、「ヒモがたるんでいる間」がバックスイングの初めの瞬間になる。あとは体のどこかがゴムになってくれれば話の筋は通る。ゴムヒモは長いか、短いか。ゴルファーの体質によって決まっている。ヨーヨーは大きい方がいいか小さいのがいいか、それはスイングによって決められる。

そういえばゴルファーのスイングを見ていると、バックスイングをスタートさせる瞬間、ゴルファーごとに各人各様個性的な不思議な動作をする。さっと無造作に上げる人は少ない。それがゴルファーの特徴にもなっている。誰かのスイングを形態模写するには、アドレスから最初に動き出すところと最後のフィニッシュをまねすれば足りる。

つまりゴルファーはバックスイングでクラブに引っ張られることを、知らず知らずやっているのだ。うまくできる人はちっとも個性的にならないが、うまくはなくてもその必要性を感じる人は、独特な方法でそれを実現している。もっとも、有り余るパワーによってクラブの重さが相対的にハエタタキ同然になるゴルファーの場合はこの限りではない。

実際問題どうすればバックスイング中ずっとクラブに引っ張られる感じを持ち続けられるだろうか。やったことがないからわからない。ただし初めに書いたように、それは非常に上手なゴルファーだけに出来るものであってみれば、そういうゴルファーはそんな感じがわかっても何の役に立つわけではない。しかしまだ上手でないゴルファーは、ボールを打つことばかりに熱心で、バックスイングはせいぜいアウトサイドに上げないというような空間的注意にとどまっている。

しかしバックスイングで、一度たりとも途切れることなくクラブに引っ張られ続ける感じをつかむことはスイングの重要なカギの一つで、いいスイング、あるいはいいリズムのスイングのために欠かせない要素だから、「バックスイングの練習」には意味がある。

空間的経過より時間的経過の方が重大なのがゴルフスイングであるから、「バックスイングの練習」は、どこへ引くかではなく、如何に途切れることなくクラブの重さに引っ張られるか、を練習しなければ意味がない。

この不思議な練習は、言わばコロンブスの卵である。やって見れば簡単だが、やらなければ永久に気付かない。しかもそれはゴルフスイングを劇的に進歩させる。スイングにとって一番重大なリズムのほとんど全てを握っているものだから、どれほど上手なゴルファーも年に何回かはここへ立ち戻って自分のスイングをチェックすれば、スランプはやってこない。

« 0031 | トップページ | 0034 »