« 0199 | トップページ | 0384 ゴルフに恩返し »

私のレヴェルではボールのライがいいか悪いか、浮いているか沈んでいるか、それがクラブの番手を選択する第一の要素である。距離は二の次三の次である。うまく打てるかどうかは、距離が合うか合わないかより先の、いや手前の話だから。

とにかくミスショットの出ないクラブを考える。パターから順に考える場合もあれば、ドライヴァーから考えることもある。選択できるクラブが決まったら、そのどれを使うか考える。ラフからのショットは距離が出ないから2番手大きなクラブを使う。

沈んだライではそこから打ち出せるロフトを持ったクラブがすでに選択されているはずだが、この場合しばしば飛距離が足りるクラブがない。そこは我慢だ。ラフからウッドを使って20ヤードしか前進できないゴルファーが多いが、かといってアイアンよりウッドの方が安全な場合もかなりある。

フェアウェイ左側の斜面から脱出するとき、アイアンは妙に引っかかってまた同じ左斜面のもっと上に飛ぶことがある。こういう場合はウッドで打てば常識通りに右に転がってフェアウェイに出る。アイアンかウッドかの選択は距離ではなく、その特性である。

ウッドは地面にはじかれるクラブで、アイアンは地面に刺さるクラブだということを念頭に置いて、ライに応じて考える。距離でクラブを選ぶのではない。まずライを考え、次にアイアンかウッドかを考え、最後のおまけに距離を考える。考えてもいい状況があったときだけ、距離を考える。

ライがいいとはアイアンマットの上と同じ状態を言う。それ以外はまずライと相談してクラブを選択する。距離でクラブを選んでいてはゴルフにならない。そしてアイアンマットと同じ状態のライはワンラウンドにひとつあるかないかだ。筆者

« 0199 | トップページ | 0384 ゴルフに恩返し »