« 0032 | トップページ | 0036 »

クラブを左手だけで握った状態で急に強く握りしめてみると、ヘッドがピクッと動く。ゆるめると元に戻る。こういうことは誰にでも起こる。大抵ぎゅっと力を入れた瞬間、ヘッドは数センチぴょこっと上に跳ね上がる。ハネ下がる人は少ない。動かない人のグリップは完璧だ。

力が入るとヘッドが浮いてくるならそれはシャンクになるだろうと、被害妄想気味のシャンカーは考えるが、それは無論思い過ごしだ。ただシャンクとは無関係に、そういう握りはスッキリしない。それではどうやって握るかというと人それぞれだ。

一般的に腕とシャフトを出来るだけ真っ直ぐにしてグリップするのだが、それはなかなか難しい。腕とシャフトが自然に真っ直ぐになるようなグリップは非常にいいグリップと言われているが、それはあまり気にすることでない。本質的にグリップは好きずきで、いいも悪いもない。

ハンドダウンで構えても、打つ時には真っ直ぐになっている。あれは手首をヌンチャクよろしく使うわけで、リズム感が出るし、ヘッドが走る。意味がわかって使う分には何の問題もないが、知らないで使うとうまくない。

グリップそのものがハンドダウンなのではうまくない。腕とクラブが真っ直ぐになるように握っておいて、それをハンドダウンに曲げて構えるのだ。そうでなければハンドダウンはなかなかうまく行かない。

テニスボールを打って予定外にホームランする理由は、ラケットを握ると自然にラケットが立つからだ。それを知るため人差し指と中指の間にグリップをはさんで打つ。こうすると打つ瞬間に力が入ってもラケットは立たないから思った通りのボールが打てる。

ゴルフでも左右両手の人差し指と中指の間にグリップを挟んで握ってみると、それでボールが打てるわけではないが、握りの力加減を変えてもヘッドは全く動かない。つまりゴルフの握りにとっても人差し指が邪魔なのだ。人差し指を如何に殺して握るか、あるいは使うかが、グリップの重要なカギのひとつであることは間違いない。

ニック・プライスのグリップは左手に人差し指がないかのようにクラブを構えることを可能にしている。普通のゴルファーにハンドダウンを薦めるレッスンプロはいないだろうが、それはプライスのグリップのすばらしさを考えれば当然である。

ハンドダウンが悪いわけではない。しかしグリップそのもののハンドダウンは打つときに不自然な形になる。握るときには自然だから、誘惑されるのだ。

シャンクのように劇的にボールを外すのは珍しいが、誰でもがボールをヘッドの真ん中で打っているわけではない。

ダフリやトップはするが、ボールが飛びさえすれば、それはヘッドの真ん中に当たったものだと疑っても見ない幸せなゴルファーだった時代、ボールは案外確かに真ん中に当たっていた。ところがヘッドのどこにボールが当たっているのか一度気になると、それは地獄の一丁目である。

今まで無意識に打って真ん中に当たっていたのに、真ん中で打とうと意識した瞬間、真ん中には当たらなくなる。無意識に演技できていたものが、意識した途端にぎこちない演技に変わるようなものだ。

そしてボールをヘッドの真ん中で打とうと意識しはじめたゴルファーはグリップを再考する。グリップが大切、というのは何も正しいグリップが存在する、ということではない。大切だということに気付くことが大切と言っているのだ。

アイアンマットを置いて素振りをするとき、マットの上にかねよんのクレンザーを一滴垂らす。手ぬぐいを一枚用意する。ボールの代わりにその白い点を打つ。打ったらヘッドを見る。見たらタオルで拭う。

練習場に行かず素振りだけで済ます場合にクレンザーは欠かせない。素振りは大切だが、クレンザー無しにやっていると、そら恐ろしいことが起こる。

ボールを打つよりクレンザーの方がヘッドの通り道がよくわかる。似たような目的のためにスプレーもあるし、ヘッドに張り付けて使うカーボン紙みたいなのもあるが、それらはボールを打たねばならない。

クラブフェイスに残るクレンザーの跡は三角形を逆に立てたような模様でフェイス面に広がる。その広がりから何本かスプラッシュの細い筋が出ている。その筋の方向がヘッドが開いて入ったのか閉じていたのかを教えてくれる。

科学技術の発達した今日、随分レトロな方法だと思うかも知れないが、ヘッドスピードを測る道具などはドップラーセンサでもレーザーでも、超音波の反射でも簡単に作れる。ミズノは安上がりな超音波で作ったようだが、チューニングはかなり高度な技術だ。

クレンザーの代わりの道具を作ろうとすると案外大がかりになってしまう。正面から写真を撮ってみるのが簡単だと思って50個のフラッシュを並べ、それを何千分の一の間隔でパチパチさせてみたが、夜しか撮れない。

コスト的に考えてもクレンザーにはかなわない。注意していただきたいのはサンドウェッジだ。跳ねたクレンザーが弾丸のごとく左眼に飛び込んで苦しんだことがある。その時のウェッジはロフトが57度だが、こういうクラブでクレンザーを打ってはいけない。筆者

« 0032 | トップページ | 0036 »