« 0042 | トップページ | 0048 »

剣道の竹刀を握るようにゴルフクラブを握れというキャッチフレーズでカリスマ的人気を博した小松原さんのレッスンを、まだ若かった私は何というつまらない話をするプロかと思っていたが、この頃になって、あれはなかなかうまい話だと思うようになった。

ゴルファーのほとんどは知らないだろうが、ストロンググリップはホックグリップではない。ウィークグリップはスライスグリップとは全く違う。プロも知らないでいい加減に教えているが、ストロンググリップとウィークグリップは左手の握りについての固有名詞であり、一方ホックグリップとスライスグリップは右手の握り方についての固有名詞である。

左手の甲が上を向くように握るストロンググリップでスライスが治ることがあるが、それは左手が強くなってスイングに負けないからに他ならない。ストロンググリップでフェードを打つプロは少なくない。ストロングは言葉通りに「強い」グリップであって、ホックグリップではない。

ホックグリップは右手でシャフトを横から握るやり方を指す。昔はそれを「右手の親指と人差し指が作る三角が右肩を指す」だの何のと、うるさく言ったものだ。初心者によくある握りだが、このグリップは決して強いグリップではないが、ホックが簡単に出るし、逆にこれでスライスやフェードを打つには無理があるというか、かなり技術がいる。

ただしこのホックグリップとスライスグリップは初心者向けの命名であって、上手になると意味が逆転する。だから初心者が上手なゴルファーにグリップを教わると、こんなに右手をスライスグリップにしてシャフトを上からつかんだら、バックスイングが出来ない、スライスしか出ないとぼやくことになる。

右手を横からホックグリップでつかむと、スイングしたときにグリップ部分が右手に押されて突っ込む。インパクトがハンドファーストになるわけだが、その分フェイスはまだ開いたままボールに当たる。ヘッドが返らないのでフェードする。初心者とは逆に、上手なゴルファーにはこういうことが起こる。

スライスグリップは見方によれば右手が初めから返っているので、クラブを押すことは出来ない。クラブは右手で引きずられるというか、引っ張られることになる。それで安定したインパクトと高い弾道が生まれる。うま過ぎるとホックする。そこで上手なゴルファーにはスライスグリップは必ずしもスライスグリップにはならない。

ウィークグリップとは左手の握りについての言葉で、左手の甲が目標を向くいわゆるスクエアグリップと、それ以上に逆ストロングに回った場合を指す。このグリップは左手が弱くなる分右手が利くので、右手がホックグリップでもスライスグリップでも、それぞれの効果を大きく出したいときには便利だ。

「竹刀の握り方」はゴルフクラブの握り方として実にうまくできている。左手がストロングで右手がスライスグリップになっている。この握りの性格は、しっかりした握りでコントロールされたフェードを打つ、ということになるだろう。非力なゴルファーが高スコアを出すには最適なグリップと言える。

パワーのあるゴルファーはストロングにする必要がない。ウィークグリップはヘッドの返りを妨げないので、飛距離を出すにはストロングよりウィークの方がいい。ストロンググリップという名前は飽くまでしっかり握れるという意味合いから出たもので、飛距離が出るわけではない。ストロングで飛距離が出たと思ったゴルファーは、単にしっかり握れたから思い切り振れたに過ぎず、技術的に飛距離を出したわけではない。

スクエアグリップが盛んな今日の状況は、細いグリップ同様ゴルファーの誤解から始まった。プロのように飛ばさないとスコアにならないという誤解からスクエアグリップを使うゴルファーが増えた。かえってパワーのあるプロが、飛距離を犠牲にしてストロンググリップを使い、さらなる安定性に走る、というのが今時の傾向である。

小松原プロの勧めたグリップは、ある意味すでにゴルフが上手なシングルゴルファーを対象にしていたかも知れないが、残念ながら当時、そのグリップを、ストロンググリップのスライスグリップ、と言ったって何のことか誰もわからなかった。

言葉の定義自体が存在しなかったのだから、それは意味不明の話だったのだ。それで「竹刀の握り」という言い方になった。小松原プロがこの話を読んだら、さぞ悔しがるだろう。言葉の定義さえあったら、もっと簡単明瞭にその素晴らしいグリップの本質を説明できたのに。

ストロンググリップとウィークグリップは左手、ホックグリップとスライスグリップは右手の握り方を表現するのに用いる。こう定義すれば、クラブの握り方は4種類に分類される。今まで何となくストロンググリップとホックグリップが一緒になってストロングだのホックだのと呼ばれてきた。

そのために「竹刀の握り」つまり「雑巾をしぼりきった形」の、その対偶にある「雑巾をこれからしぼろうとする形」のグリップは説明が曖昧になるので敬遠されていた。後者はグリップとしては今のところ誰も使わないが、「竹刀の握り」は今や世界のプロゴルファー御用達のグリップである。小松原さんは偉かった。

« 0042 | トップページ | 0048 »