« 0114 リアルモードパットの効用 | トップページ | 0115 心の旅路1 »

ゴルファーは仮想モードでパットをする。実際に見つめるのはパターのフェイスで、ホールはイメージとして頭の中で見つめている。パターのフェイスをいかにして目標方向に出すか、ゴルファーはパターのフェイスを見つめる。

リアルモードパットの練習をすると、不思議なことに気付く。頭の中では、手先の動きを見ているのだ。これは論理的におかしい。仮想モードがパターフェイスを実視し、ホールをイメージで見つめるなら、リアルモードはその逆でなければならない。つまり、ホールを実視し、パターフェイスをイメージで見つめるだろう。

ところが、リアルモードの練習をしていると、頭の中のイメージはパターフェイスでなくて、手先を見つめているのだ。グリップをつかんでいる自分の手先がどう動いているのか、頭の中で必死に見つめている。センサーの感度を最大にして、ひたすら手先の動きを監視している。

リアルモードパットの練習に価値があることは昔から知られた事実だが、それが何になるのか知らなかった。パットの上達は練習ではない。何を練習すればいいかがわかってから先の、練習である。その二つ目の答えがここにあった。

パターフェイスと手首、そしてホール、眼が3つあったらいいのに。筆者

« 0114 リアルモードパットの効用 | トップページ | 0115 心の旅路1 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0114 リアルモードパットの効用 | トップページ | 0115 心の旅路1 »