« 0035 飛距離の出し方 | トップページ | 0038 前向きパット »

パットは手でボールを転がす感じでやれば距離感が合うという。それは確かだが、それにはどうしても練習でクリアしなければならない大問題がふたつある。手投げの場合、元々ボールは手でつかんでいるわけで、それを離すわけだ。

手でたたき出すのではない。残念ながらパターはボールをつかめない。これが第一の大問題。バックスイングでボールはパターに付いてくるわけではない。そうなると手で投げるのとは感じが違ってくる。

出来るだけ手で投げる感じに近づけようと努力すれば、バックスイングをしないで打つしかない。何しろボールをつかんでいないのだから、バックスイングしてもボールは付いてこない。

それでボールのところにアドレスして打てるようにする。これならボールを手でつかんで投げるのに近いが、二度打ちになりやすい。ボールをつかめない以上、全く手で投げるのと同じにパットするのは不可能だ。

パチンと打つパッティングに対してこのような押し出すパットをするゴルファーは数少ない。ボールの転がりという点では押し出し型がいいということは誰でも知っている。しかし普通の横向きパットではパターのフェイスが刻々と方向を変えるから押し出していては方向がうまくつかめないので、それでパチンと打つ青木型が正しいのだ。

呂良喚(カンの字は実際は火ヘンかと思います)という仏様の如く温厚なプロがいた。彼のしなやかなドライバーショットを見ていると、ヘッドがボールを通り抜けるように見えた。ボールがヘッドのうしろからヘッドを追い越すように飛び出すのだ。パットの名手の中にはちょうど呂さんのショットと同じように、パターのヘッドが透明になってボールを通り過ぎ、そのあとからボールがついてくるように見える人がいる。

最近ではブラッド・ファクソンのパットを見るといい。彼のパットは何の変哲もないごく普通のパットだけれど、何度見ても一瞬ヘッドがボールを追い越しているように見えるから不思議だ。

それはボールの押し方が絶妙だからだろう。ただパチンと打っていてはとてもヘッドがボールを通り抜けるようには見えない。前向きパットはその押し出しパットをするのに好都合だ。

ヘッドの向きが常に変わらないから、ボールを押しながらヘッドの向きを心配しなくていい。手でボールを投げるのが一番いいならば、バックスイング無しの前向きパットが、究極のパッティングスタイルにかなり近いということになる。

さてようやく押し出しパットが出来るようになっても、「パターはボールをつかめない」という事実は、手投げパットにいよいよ最後の、そして最大の難問を突きつけてくる。それは何か。

投手はキャッチャーミットを見つめながらボールを投げる。そこが的だからだ。野茂や村田、古くは城之内といった投手たちは球威を増すためにあえて首を回し、一瞬キャッチャーミットから目を離すという大胆な作戦に出たが、しかしパットにパワーはいらない。ダーツの選手が的から目を離して投げるとは思えない。

しかしパットをするときカップを見ながら打つゴルファーは非常に希だ。なぜやらないのだろう。バッターはボールを見つめてそれを打つ。ホームランを打ち込む予定の外野のシートを見つめながら打つわけではない。それではボールが打てない。問題はそこだ。

その原因は全て、ボールをつかんで投げるのかそれとも叩き出すのかの違いにある。ボールをつかんでいる場合は目標を見ていられるが、たたく場合にはまずボールを見ないわけにはいかない。それでボールを見ることになる。

手投げは初めからボールをつかんでいるが、パターはボールをつかんではいない。しかし飽くまでボールが的なのではない。手投げパットの最後の障害は「カップを見ながら打てるか」ということだ。

的当てにはまず的を見ていることが基本だろう。的を見ながら投げるか、的を見た後で目をつぶって投げるか、どっちがいいかという事だ。従って不可能でなければカップを見ながらパットした方がいいに決まっている。パワーのいるショットは物理的に無理だろうが、パットなら出来るかも知れない。

前に書いたとおり、仮想モードのパットとリアルモードのパットは両方出来るようになって初めて効果が出る。「パターはボールをつかめない」という現実がある限り、パットの目標はボールとカップの二つになる。ベーブ・ルースはホームランを打ち込むスタンドに向かってバットをかざしたが、打つときはボールを見ていただろう。

長尺パターの良さはボールとカップを同時に見られる範囲が広くなることだ。身長30メートルのゴルファーを想像すればすぐわかるように、彼の立場になれば、私たちにとっての距離5メートルのロングパットも、わずか30センチのパットのように感じられるだろう。

少なくともボールとカップが同一視野の中に、非常に接近して見える。それはパットにとってかなり重大なことであり、年をとってパットが入らなくなるプロの悩みは視野が狭くなることだろう。それは身長が20センチも低くなることと同じで、その分長尺パターが効果的なのだ。腰が悪くなるからばかりではない。

« 0035 飛距離の出し方 | トップページ | 0038 前向きパット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0035 飛距離の出し方 | トップページ | 0038 前向きパット »