« 0068 アイアンのロフトを決める | トップページ | 0070 ゴルフルールの守り方 »

スワンネックはミスショットが出ない。ウソではない。スワンネックは古典的ゴルフクラブで打った当たりそこねのショットしか出ない。全部が当たりそこねと言うわけには行かないだろうから、それをミスショットとは呼べない。ナイスショットが存在しないので、ミスショットもないのだ。

妙な話だが、実際スワンネックで打つボールは当たりそこねのような鈍い音がして弱々しく前に飛ぶ。幾ら打っても同じだ。アヴェレージゴルファーは古典的クラブのナイスショットの感触を知っているから、スワンネックはクラブではないと思うに違いない。道ばたに落ちている棒きれと同じだと感じるだろう。

しかし本来ナイスショットとはスコアで考えるものだ。打った感じではない。ナイスショットが全て大きなセンターフライだと、観客は一瞬「おーっ」と感動しかけるが、直後に絶望の声を上げる。何だかアヴァレージゴルファーに似ているではないか。

それに引き替えボテボテのゴロを打つと、観客は「あっ」と息を飲むが、一塁に滑り込めばセーフかも知れない。そこで観客の声は歓声に変わるのである。練習場でスワンネックを打つと、ボールはミスショットに見えるが、真っ直ぐ飛ぶ。

古典的ゴルフクラブには小さな悪魔が住んでいると書いたが、たまに素晴らしく切れのいいボールを打たせて嬉しがらせてくれることはあっても、大抵はスライスして右の林にボールは消える。逆に何の罪もないプロゴルファーの9番アイアンのショットに、突然かすかなドローを与えることもある。無論左は池だ。

スワンネックは古典的アイアンで打ったときに右に飛ぶショットの代わりに低い球が出る。また左に飛ぶ代わりに高い球になる。初心者が力を入れすぎてスライスするところを、強いボールが低く出る。真っ直ぐ飛ぶ分助かる。プロが力を入れ過ぎると左に飛んでしかも強く飛ぶ。しかしスワンネックだと高く飛ぶ。真っ直ぐ飛ぶ上に、高く飛ぶ分だけ飛距離が落ちるので、都合がいい。

左右に曲がるのと上下にぶれるのとどちらがいいかは簡単に決められないが、高く上がるときには強く打っているから、上手なゴルファーにとって距離はオートである。初心者は右に曲がる代わりに低く出るので、池越えなどではハラハラするかも知れないが、スライスは力の入りすぎで出る場合が多いから、この場合も自動的に距離は伸びる。その分池は越えるという計算だ。

追記(2010.12)

ここに書いているスワンネックはルールに適合しない。しかしゴルフ競技を離れて、ただゴルフ場でゴルフをする楽しみとして考えれば、練習場で修行を積む必要がなく、誰でもいつでも気楽にゴルフを楽しめる。

打ったらすぐ走れとだけ教育しておけば、スワンネックはボールが真っ直ぐ飛ぶし飛距離はあまりでないのでラフの中でボールを探す手間がない。だから初心者のグループでもスロープレーにならない。ビギナーが迷惑をかけずにゴルフが出来る優れものである。

ルールに適合させたスワンネックもある。これをイージー・スワンと呼び、私が使っているものだ。すでにルールに適合することはわかっているし、必要ならばいつでも正式に許可を取れる。R&Aからそう言われている。

ただイージー・スワンは初心者にとってスワンネックほど打ちやすくはない。私のように腰痛などで全く練習ボールを打つことのできないゴルファーが、月に一度ゴルフ場へ出かけていきなりボールを打って80を切るために必要なアイアンである。

また、飛距離に余裕のあるプロゴルファーで、ここぞというショットで大きく左に曲げ、勝利を逃す、ティム・ヘロンやピーター・グスタフセン、ポール・ケイシーなどが使えばかなり効果があるクラブだと思う。

アマチュアでも、突然のホックを恐れる上手なゴルファーならば、古典的なアイアンを捨ててイージー・スワンに変えてみる価値は十分にある。ただし昔のクラブを振るときのようなスリルは味わえない。目の覚めるような当たりは出ない。その代わりつまらないほど真っ直ぐ飛ぶ。

昔のベン・ホーガンを知っているゴルファーならば、あのアイアンの打球感の悪さを覚えているだろう。その代わりに真っ直ぐ飛ぶ。あれは一種のスワンネックであり、ホーガンの極度の繊細さが生み出した傑作だった。ルールがなければ彼も私と同じスワンネックを作っていたはずだ。

スワンネックは多くのゴルフマニアが設計している。そして二つの問題にぶつかって断念してきた。一つはルールである。そしてもう一つはゴルファーがすばらしい当たりを楽しむ、夢見ることだ。スコアだけがゴルフなのはプロに限られている。だからプロのホーガンはアイアンを設計した。

イージー・スワンはそういう意味で初心者用のスワンネックではなく、むしろ一打一打に生活のかかったプロ向きなのかも知れない。筆者

« 0068 アイアンのロフトを決める | トップページ | 0070 ゴルフルールの守り方 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0068 アイアンのロフトを決める | トップページ | 0070 ゴルフルールの守り方 »