« 0108 クラブフェイスを目標に向けられるか(相体勢理論以前の話) | トップページ | 0110 前向きパットだけに許される後方アドレス法 »

90年代の前半に、スプーンのヘッドの真ん中にシャフトを差し込んだ形の、言わばスワンネックの原型が出来上がって以来、長い歳月をかけて取り組んだ最大の問題は、何処にシャフトを差すべきかという、技術的というよりは思想的な問題だった。

シャフトの位置は、飛距離と方向性について正反対の性質を持っている。初めのうちそれは、ちょうどノイズと増幅度のイタチごっこのような、割合簡単に妥協点の見つかる、そういう種類の問題のように見えた。しかし電気の世界がそうであったように、話はそう簡単ではなかった。

電気屋は先へ進むにつれて、熱雑音という、もっと深刻で本質的な問題に直面した。同様に、スワンネックの場合も、それを完成させるには技術以前の、どこがスワンネックの正規のありようなのか、という思想が問題になってきた。シャフトの位置というだけの、簡単な計算では済まされない、妥協点を探すだけでは済まないのだ。

以前に書いたけれども、私が現用しているイージー・スワンのアイアンは、スワンネックというコンセプトに、リヴァースグースという、もう一つのコンセプトが作り込まれている。初めのうち、スワンネックとリヴァースグースはそれぞれ別のものだと考えていたので、スワンネックだけのアイアンが当然正当だろうと思っていた。

そしてたとえば、プロがスワンネックを使う場合、照準の取りやすさを考えればリヴァースグースがいいが、ボールが上がり過ぎる。それを嫌うプロには使えない。逆にアマチュアは本来ボールを上げられないのだからリヴァースグースが適当だ、と、そのくらいのことしか考えていなかった。

しかし、実際にシャフトの位置をいろいろ変えてみると、スワンネックとしての位置は、スワンネックそれ自体の成分としてだけでは決められず、必ずどの程度にリヴァースグースを取り込むか、そのバランスに意味があることがわかった。

私はそこで思いだした。昔のクラブ職人たちは、ボールを上げるために、シャフトをヘッドのぎりぎり端の方へ差し込もうと努力していた。そうすればヘッドは開きやすく、寝てくる。包丁を寝かして差し込むような感じだ。

そしてボールが飛び出すときにはトルクによってヘッドは回転し、立ってくる。それでボールは上がりやすくなるが、スライスしやすい。

スワンネックを作り始めの頃、ドライヴァーのヘッドの真ん中に穴をあけてシャフトを差し込むと、ボールは地を這うように真っ直ぐ飛んだ。スワンネックはヘッドが開かないから、かなり上手にヘッドコントロールが出来るゴルファーでも、ボールは上がらない。

そこで、ヘッドが大きなスプーンを探し回った。その時に、スワンネックのドライヴァーを作るには、ロフトが15度以上必要なことがわかった。

イージー・スワンの作り方はどこかに書いたから誰でも作れるだろうが、出来るだけリヴァースグースに作った方が失敗しないと思う。ネック一本分の移動量以内で、出来るだけスワンネック成分とリヴァースグース成分を大きく取るためには、新たなネックは左上45度に取るしかない。スイングが特殊でなければ多分それで間に合うだろう。

ヘッドの飛び込む角度がかなり急なスイングでは、当然スワンネック成分は幾らか大きくしなければならないが、リヴァースグースの成分を小さくするとうまくないので、ネックの移動量を大きくしなければならない。そのときには、厚みのあるネックを探して溶接してもらう。

スワンネックの進化はチューニング如何によっている。しかし、まだその思想が私の頭の中で揺れ動いているので、書けない。スワンネックという形のクラブは、ゴルフの歴史の中で、勇気あるクラフトマンの手によって何度も作られている。そして皆敗れ去った。

その理由の一つは時代が早すぎたからだろうが、もう一つの理由は、前にも書いたが、発想があって研究がなかったことだ。スワンネックはその物理的正当性だけでは完成しないことに、誰も気付かなかった。少なくとも3種類、私は過去にスワンネックらしきクラブを見ている。

誰も目に留めなかったが、私は非常に興味を持った。しかしおもしろい発想だけでは駄目だ。どんなものを作るにせよ、発想のすばらしさは、実はそれを見た側が感じる感動であって、作りあげた側は、発想の後に、そんなことを思いつかなければ良かったと、そう思えるほどの苦しい努力を必ずしている。それなしには、敗れ去るしかないのだ。 筆者

« 0108 クラブフェイスを目標に向けられるか(相体勢理論以前の話) | トップページ | 0110 前向きパットだけに許される後方アドレス法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0108 クラブフェイスを目標に向けられるか(相体勢理論以前の話) | トップページ | 0110 前向きパットだけに許される後方アドレス法 »