« 0112 パットのグリップ | トップページ | 0114 リアルモードパットの効用 »

ゴルフクラブのバランスや重さはほぼゴルファーに適した値になっている。振りやすいクラブとか、気に入った顔を持っているアイアンというのはゴルファー自身が決めることだから、大抵それでいいのだと思う。メーカーの知識がどれほど信用できるものなのか、それは疑問だけれども、私のように使いやすいクラブを作ってまで使う異常さは一般的ではないし、かなりの労力を要する。

全てのクラブを同じ感じで振ることが出来るようにセッティングするのがクラブバランスの目的である。どのバランスがいいかを決めるためにバランス計には目盛りが振ってあり、その数値はゴルファーそれぞれだが、全てのクラブに同じ数値のバランスを与えると、同じ振り味になる。ホントかどうか、確かな話ではないが、ま、そういうことになっている。

私のようにクラブによって極端にバランスが違うと、確かに難しい面がある。私のアイアンはバランス計を使って調整されているが、市販のクラブと違ってバランス計の目盛りを信じていないので、1ポイントちょっとずつずらしてある。普通はD-0というアイアンならば全てのアイアンがD-0というバランスに調整されている。

ところが私のアイアンは短くなるほどバランスが重くなるようにセットしてある。現在のアイアンは3番がC-4位で、9番はたぶんD-2位になっているはずだ。バランスのズレは等差にしてあるが、昔はこれを等比にするべきかどうか悩んだ。計算がややこしい割に変化がないので、馬鹿馬鹿しくなってやめた。

このバランスによって、私はどのアイアンも同じ感じで振れる。バランス計を独自に作り直せば、私のアイアンを乗せたとき、どのアイアンも全く同じ数値を示すバランス計は作れるし、それが本当だと、私は信じている。なぜなら、私の感じでは市販のアイアンセットは番手の数字が小さくなるほど段々重い振り味になるから。

それはともかく、話はラウンド用のバランスについてである。ラウンド用と練習用とどう違うかという話ではない。私のドライヴァーはそのバランスが極端に重いので、普通のゴルファーには思いもよらないことが起こる。それで考えたのだが、ラウンドで使うクラブには順番がある。

トラブルになった場合を除けば、ドライヴァーのあとにはアイアンを持つ。あるいはフェアウェイウッドを持つ。非常を越えて重いドライヴァーを素振りし、ティーショットを打ったあとに少し歩いてから次に持つアイアンやフェアウェイウッドはドライヴァーに比べたらすごく軽いはずだ。

年に2、3回しかボールを打たない私が練習もしないのにセカンドショットでほとんどミスをしないのは、もしかしたらそのせいではないだろうか。野球のバッターがバッターボックスに入る前に鉄の棒や本物よりはるかに重いマスコットバットを振り回すのはなぜか、本当のところは知らないが、常識的に考えて、鉄の棒を振り回したあとに普通のバットを振ればはえたたきほど軽い感じで振れる。

それは筋肉の錯覚だから長続きはしないが、バッターボックスで超剛速球が来たときに振り遅れないで済みそうな気はする。同様に、私のラウンドはマスコットドライヴァーを振り回した直後に、普通の重さ、バランスのアイアンを振る。軽く振れるのは目に見えている。

ところが普通のゴルファーは、近代的な超軽量ドライヴァーを振ったあとに、昔ながらのアイアンを振る。元々ウッドの方がアイアンよりはるかに軽い。アイアンはヘッドだけでも400グラム近かった。今はもっと軽いが、それでもアイアンのヘッドだけの重さはドライヴァー全体よりもまだ重いのだ。

ミスショットは無理から来る。道具が重く感じられたらアウトだ。いつも使っているクラブでも、軽いものを振ったあとでは重い感じがする。テニスコートに出たとき、ネットが高いと思った日はアウトだし、妙に低いと感じた日は絶好調である。

このことによって、クラブバランスをラウンドのために特化して考慮すれば、私のやり方、偶然ではあるが、その方法はかなり有効だと思われる。今のままのバランスで済ませたければ、セカンドショットの前にかなり入念に素振りをする必要がある。ドライヴァーの軽さを忘れるため、必ずアイアン2本をまとめて振るくらいの注意が必要だろう。

私の提案は、ドライヴァーをアイアンよりも重くすることである。飛ばしたがり相手にそんな馬鹿な話は通らない。それはわかっている。だからこの話はミスの多いアヴェレイジゴルファーが、明日はミス無しでラウンドしたいと思ったときに、実行すればいい。

全重が5番アイアンよりも重くなるまでドライヴァーのヘッドに重りを付ける。もしもドライヴァーの方がすでに重い場合は意味がないが、たぶん今時そんなクラブは存在しない。重りを付けたドライヴァーをその場でうまく打てるとは思えないから、重りを付けたら一度レンジに行って試し打ちをしておく。飛距離が落ちても我慢する。打ちにくくても我慢する。

誰も賛成しそうにない話をしてしまったが、この話は案外本質的である。ドライヴァーとアイアンのバランス関係は考慮に値する問題である。昔のバランス計にはウッド用とアイアン用にそれぞれ別の目盛りが振ってあったが、どちらのD-0が重かったか、残念ながら見ていない。

もしも古いケニー(ケネス・スミス)のバランス計を見かけたら、そこを確認してみて欲しい。常識的に考えれば、ウッドのメモリのD-0のところが、アイアンのメモリではもっと重いD-6位の数値と重なっているだろう。これは賢い作り方である。しかし見てみなければ本当のことはわからない。筆者

« 0112 パットのグリップ | トップページ | 0114 リアルモードパットの効用 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0112 パットのグリップ | トップページ | 0114 リアルモードパットの効用 »