« 0053 ライ角とシャフトの剛性 | トップページ | 0055 つま先下がりはなぜ難しいか »

プロが気合いを入れて打つと引っかけるミスが出る。それは無意識にバックスイングを大きくするからだが、必ずしもそれだけではない。プロは打ち急いだときはそれとわかるが、決して打ち急いだわけでもなく、しっかりヘッドを打ち込んだと思うときに引っかけるとなぜだか理由がわからずに悩む。わからないからまた繰り返す。

それはクラブの引き込みが強すぎてハンドダウンになり、ライ角が立ってしまったのである。プロでも気付かないのだから、素人がこの事実を了解しているとは思えない。初心者が気合いを入れるとバックスイングが十分でなくなり、体が伸び上がって言わばライ角が寝たような状態になる。それでスライスになる場合も少なくない。

上手なゴルファーにはその逆が起こる。従ってプロがアドレナリンに満ちている場合、軽く打つことは不可能なので、意識的にバックスイングを浅く取るようにすれば、ハンドダウンもヘッドの走り過ぎも防げる。そしてクラブのライ角は身長に合ったのを使う方がいい。ライ角の不当はミスショットの時その損害を倍増させる。

普段不当なライ角でショットのミスをごまかしているゴルファーも沢山いるが、どうもそういうのは酔っぱらいが転んで血だらけになって笑っているようで、気味悪い。

それに間違った仕掛けで救われるということは、正しく打ったときに落とし穴に落ちることも保証している。ラッキーを喜ぶために、正義が負けるように作られた道具は、いかにもゴルファー好みだ。筆者

« 0053 ライ角とシャフトの剛性 | トップページ | 0055 つま先下がりはなぜ難しいか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0053 ライ角とシャフトの剛性 | トップページ | 0055 つま先下がりはなぜ難しいか »