« 0058 スウェイ打法のすすめ | トップページ | 0060 グースネックとリヴァースグース »

近年のアイアンが全般にグースネックの傾向にあるのは初心者をターゲットにするからだが、グースネックの時間差を使ってスライスを防ぐというやり方はゴルファーとしては賢いやり方と思えない。

初心者はヘッドのトルクについて未熟で鈍感だからスライスを本質的に治すことにはならない。しかしそれは初心者が悪いわけではない。クラブが悪いだけだ。グースは便利だが、ゴルフを愛するゴルファーのために作るのではなく、飽くまで付き合いゴルファーのためのグッズに過ぎない。

グースネックの逆の形、ヘッドのブレードがシャフトの延長線よりも左に、つまり飛球方向へ突き出た、ウッドのフェイスと同じ構造のアイアンをリヴァースグースと呼ぶが、それはウッドで使い慣れている。これは上級者に迷いのないアドレスを約束すると同時に、初心者にもスライスを回避させる効果を持っている。

ウッドが打ちやすいわけをその丸い形にだけあると思ったクラブ屋は、アイアンの背中に丸みを作るだろう。その上グースネックにする。しかしことの本質が、そもそもウッドがリヴァースグースだからだということを知っていれば、アイアンの形のままただシャフトをヘッドの右奥に付けて、フェイスが左に張り出しているアイアン、つまりリヴァースグースのアイアンを作れば望みは叶うし、アイアンヘッドならばプロでも使える。初心者用という卑屈な遠慮もいらなかったのだ。

グースネックが初心者のスライスを防ぐという事実と、その逆のリヴァースグースもまたスライスを防ぐという話は、矛盾するように見える。車のトランクから出てきた私の古いアイアンにはスワンネックとリヴァースグースという二つのコンセプトが作り込まれていた。どちらがアドレスを決めさせているのか、それは実験しないとわからない。ただ、リヴァースグースにはかなりの意味があると思われる。

理論的には、グースとリヴァースグースは全く反対の性質を持っているから本質的に意味も性質も全く異なる。ところが目覚まし時計を少し進めておくのと、逆に時計をわざと少し遅らせておくのとが、人の性格によって全く同じ効果をもたらす場合があるように、両者はある一面同じ効果を持っているのだろう。どちらの目覚まし時計が好きか、それは人によるが、少なくとも初心者が、少し目覚ましを進めておく方を好むのは確かだ。

目覚ましの遅れを知っていて使う人は、潜在意識が常に働いて実際の時刻との誤差を頭の中で繰り返し確認する。潜在意識は24時間営業で眠らないから、本人が寝ていても働き続ける。従ってこういうタイプは起きたい時間の5分前に眼を覚ますことが出来る。ベルを鳴らさないで目覚ましを利用するタイプだ。

逆に目覚ましを進めておく人は、安心し切って眠り、潜在意識は目覚ましが進んでいることはわずかに記憶している。目覚ましがなると、ハッとして時計を見るが、次の瞬間それが進んでいることを思い出し、安らかにもう一度目を閉じる。この至福の時を楽しむために、時計を進める。

グースはハッとして起こされた後の時間の猶予を楽しむが、リヴァースグースは、電話でタクシーを呼び、タクシーが来たときにはすでに身支度が済んでいて、いつでも出かけられる姿勢で時間を持て余しているゴルファーにとって、思ったより早くタクシーが来たようなもので、それもまたいい気分だ。

リヴァースグースのアイアンセットを作るに当たって、全てに同じ量のリヴァースを付けるべきか、それとも番手によって量を加減すべきか考えてみた。そこで思い出すのは昔ながらの「ボールをどこに置くべきか」という議論である。そんな議論に興味はない。アイアンの番手が変わるに従って、アドレスでのボールの位置が右や左に寄っていくのが正しい正しくないという馬鹿げた話だ。

その議論の真相を知っている人はこの手の議論には加わらないが、ボールの位置は自然にやると幾らか変わっていく。しかし自然がいいわけでもないから、人工的な、アーティスティックなやり方で、一カ所に決めて打つゴルファーもいる。

自然のままで、しかも全てのクラブでボールを同じ位置にすることだって出来る。リヴァースグースとグースネックの両方を使い、ボールの位置を一カ所に決めた後、自分の好きな場所にクラブをアドレスして、その状態でヘッドがきちんとボールのところにくるようにネックを左右に曲げればいい。

不気味なアイアンセットが出来上がるだろうが、目的は達する。こういう試みがゴルフクラブを進化させるのである。クラブメーカーの研究員たちは、日常業務として、クラブ開発に与えられた常識という制限の中で、才能を腐らせている。筆者

« 0058 スウェイ打法のすすめ | トップページ | 0060 グースネックとリヴァースグース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0058 スウェイ打法のすすめ | トップページ | 0060 グースネックとリヴァースグース »