« 0016 パットの名手 | トップページ | 0021 フライングエルボの逆襲 »

ゴルファーがゴルフスイングについて話をすると、たとえばインサイドアウトだとかアップライトだとか、そういう話になる。それらは確かにスイングの大事な要素だと思うが、どちらかと言えばボールが飛ぶ方向や球質に大きく関係している。

私は現在ドローヒッターだが、昔はスライスで、ゴルファーとしてごく平凡な、標準的な経過をたどってきた。ドローを打っているわけではなく、ドローになっているだけだ。まだ意識的にボールを曲げるレヴェルではない。

私にとってはボールをちゃんと打てるかどうかが問題なので、ゴルフスイングの基本的な三要素としてスイング密度、スイング深度、それにスイング加速度の三つに気を配っている。

スイング加速度は「コロンブスの卵」に書いたとおり、ヘッドの空間的な動きよりも時々刻々と変わっていく速度変化の方が大事だから、スイング密度との関連で妥協点を探している。

スイング密度というのはバックスイングの大きさのことで、この大きさを変えるとクラブフェイスがボールを打つ位置が変わるので、スィートスポットで打つために考慮し研究しなければならない。

(バックスイングの大きさをなぜスイング密度と呼ぶのか、それは私にもよくわからないのだが、バックスイングを大きくすると掃引(そういん)面積が増え、なぜかそれが影響してボールをヒットする位置がシフトする。面積変化自体に意味はなさそうなので積分したり、いろいろ考えていたら、自然とスイング密度と呼ぶようになった。)

スイング深度はターフの取り方で、ディヴォットを取るスイングもあれば取らないスイングもある。私はディヴォットを取らない方で、たまにハンバーグ程度のディヴォットが飛ぶこともあるが普段は芝が少し散る程度だ。

プロなどはそのハンバーグを乗せている鉄のお皿くらいの、あるいはその鉄のお皿を乗せている木のお盆くらいある大きなターフを取る。それらは全てスイングプレーンという円盤が地面の下に入り込むスイングだからで、その沈み具合をスイング深度と呼んでいる。

フェアウェイウッドはターフを取らないのでスイング深度がごく小さいスイングになるが、アイアンとウッドでスイング深度の違うスイングを使う場合、スィートスポットでボールをとらえるには同じスイングでは済まない。ボールの位置を左右に動かす必要が出てくる。

アドレスでどこにボールを置いたらいいか考えるとき、スイング深度を考慮しないと迷走する。というわけで、スイング密度、スイング深度、そしてスイング加速度をゴルフスイングの三大要素と考えている。筆者

最近になってスイング加速度というのはスイング密度のことではないかと思うようになった。そうなるとバックスイングの大きさはスイング密度でなくなって、そうするとバックスイングの大きさを変えることでフェイスがボールをたたく位置がシフトするのはなぜか、考え直さねばならない。

いずれにしても、読者のみなさまには何のことだかわからない。本人だってよくわからないんだから。

« 0016 パットの名手 | トップページ | 0021 フライングエルボの逆襲 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0016 パットの名手 | トップページ | 0021 フライングエルボの逆襲 »