« 0122 加減できるスイング出来ないスイング | トップページ | 0124 パット「強め派」「ピッタリ派」 »

今時のドライヴァーを構えると、スイスの山で吹き鳴らす、馬鹿に大きな据え置き型のホルンを連想する。ライ角が異常に立っているから、つま先上がりの土手にあるボールを打つのと同じだ。つまり「高く上がるボール」という意味が、「左へ飛び出してしかも曲がっていくボール」という意味に変身する。

このドライヴァーで自然に真っ直ぐ飛ぶゴルファーはそれでいいから今は問題にしない。昔のパーシモンのドライヴァーで真っ直ぐ飛んでいたゴルファーが普通に打てばドローしてしまうし、初心者が上手になってくるとやはりドローする。

打ち方のアドヴァイスはプロが幾らでも見つけるだろうからそれでいい。極簡単には、フェイスを少し開けば済む。しかしそれではボールが上がり過ぎると思う。それに、そこで何が起こっているのか本当に知りたい人もいるだろう。それさえわかれば自分に一番いい打ち方が見つかる。だから、「打ち方の見つけ方」だ。

再三登場するレイザーポインタの出番がまたやってきた。アイアンのライ角を考えるのと同じことだが、予想とはいささか異なっていた。テスト前には、構えたときすでにポインタの反射光は正面よりも左に向いているだろうと思っていたが、真っ直ぐだった。その代わり、打ち上げ角度が低くなっていた。

これはつまり、アイアンでライ角が立っていても、フェイスをシャットにすることでフェイスを真っ直ぐ目標に向けるのと同じことだったのだが、ドライヴァーはロフトが小さいから、普通のゴルファーは私のようには出来ないと思う。何しろその時ロフトはほとんどゼロだった。

1番アイアンを平気で打てるスイングを使っている私には出来ても、普通はそんなロフトでは構えられないだろうと思う。当然、別の手を使っているはずだ。その手がどういうときにどういう誤差を生み出すのか、知っていなければ安心して打てない。

クラブの性質を了解し、それによって自分の構えが見つかっても、異常なライ角のドライヴァーを振るにはまだ問題が残っている。それはフラットスイングの場合とアップライトに振る場合の、ショットの方向感覚の差が、アイアンとは比較にならないほど大きい、ということだ。

私のドライヴァーは50インチを越えるから、当然かなり横振りになる。このとき、大きなライ角特有のヘッドのねじれ方はイメージできている。

しかしヘッドの底面にピタリと吸い付くような、斜めの土手に対してスクエアに打つイメージを忘れ、勘違いを起こしてややアップライトに振ると、ヘッドは途端に激しく暴れだす。正月の竜の踊りのように、ヘッドはねじれまくる。

私の化け物ドライヴァーをちょっと打たせてもらいたいと言った勇敢な人は今のところたった一人しかいないが、彼のボールは右手30度の山の彼方に消えた。当たりは素晴らしかったから、相当飛んだと思う。ちょっと慣れれば使えるだろうが、それでも普通のクラブよりは難しい。

シャフトを長くしてもライ角は変えられないから、いよいよそのライは立ってくる。レイザーの軌跡を注意深く見ていると、フラットに振る場合、インパクトでは真っ直ぐ目標に、やや低い向きでセットされているフェイスは、インパクトの後左に動く。アップライトではそれが上に動く。

この場合はほとんど静的なアクションを見ているから実際とは違うが、現代のドライヴァーをアップライトに振るときには、普通の天ぷらとは違うが、ボールが高く上がり過ぎることに注意しなければならない。

方向は真っ直ぐだから普通には問題ないが、目の前に200ヤードのキャリーを必要とする池があるようなときには注意がいるだろう。フラットスイングではもっと大きな問題がある。ちょっとでもスイングにブレがあると、左右に曲がる理屈だ。

特殊な道具で動的な動きを見ると、ヘッドのキックが見えてくるが、そのキックのためにアップライトスイングでも左右のブレが出ている。反対にフラットスイングはキックの大きさがショットに影響するレヴェルまで行かないから、アバウトに正確であれば案外ブレないようだ。

現代の奇妙なドライヴァーがいつまで使われるかはわからないが、とにかくそれしかないのなら、まずはレイザーポインタでどう打てばいいか、自分なりの方法を見つけだすしかない。

私のアドヴァイスは、ライ角に逆らうな、ということだ。ライが立っているのだからヘッドの底面は決して地面と平行にはならない。それを忘れてアップライトに打つと、ヘッドが異常に暴れ、思いも寄らないショットになる。

アドレスした状態の時の、ヘッドの底面の角度を正確に認識し、それにピタリと張り付くような、地面に対していくらか傾斜した平面をイメージする。その平面に対して、自分のスイングをする。それが大事だ。その上で、レイザーポインタの挙動が示すヘッドの動き方について、自分なりの工夫を加味すればいいだろう。

それからこの現代日本の異常なドライヴァーを平気で打って困っていないと言うゴルファーが落ちる落とし穴は、他のクラブとのかねあいだ。その日ドライヴァーがもし真っ直ぐ飛ぶなら、アイアンはスライスする。ドライヴァーが左に引っかかる日には、アイアンは真っ直ぐ飛ぶ。

事情がわかっているなら何でもないことだが、知らないと困る。もうひとランク上手なゴルファーの場合、ドライヴァーのフェイスをやや開いて打つだろうが、それでフェイスは確かに真っ直ぐだし、ロフトが大きくなって高いボールが出ることまでは了解していても、トルクが変わることに気付かないと、ミスが出る。

ヘッドはまん丸ではないから、フェイスの角度を変えると重心が動く。そうするとヘッドのキックがいつもとは違ってくる。だから簡単にフェイスを開けば万事解決とはならない。練習でフェイスを開いて打ってみて、どれくらいキックの様子が変わるのか調べておくといい。

N. B

クラブの長さは48インチを限界とする規定がある。趣味なら構わないが、公式競技には使えない。48インチのウェッジ、というのもおもしろいが、まだ作ったことはない。

« 0122 加減できるスイング出来ないスイング | トップページ | 0124 パット「強め派」「ピッタリ派」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0122 加減できるスイング出来ないスイング | トップページ | 0124 パット「強め派」「ピッタリ派」 »