« 0026 全ての先入観に背いて | トップページ | 0029 クラブの長さはなぜ違うか »

私の感覚はちょっと変で、パターは必ず長いパットの後に短いパットをするのが不思議というか、奇妙な感じがしてしまう。第1パットより第2パットのほうが長いということは希にしか起こらない。当たり前のことなのに不思議な感じがする私の頭が不思議だ。ショットでも、1打前のは今これからやろうというショットよりも長いショットだったと思い返して不思議なのだ。

私はティーショットをアイアンで打ってセカンドをドライバーで打つことがある。18ホールの半分をそうやってプレーすればゴルフはちっとも不思議でないのだが、余計変だと言われるのであまりやらない。トラブルから抜け出すとき、フェアウェイにほんの30メートル打った後に150メートルのショットをすると、何だかバランスがとれている気がする私の頭は変だ。

私の異常さはともかく、ゴルファーは大きく打った後に小さく打つ、という順序に慣らされているわけで、それは体には都合がいい。小さく打った後に大きく打つのでは体に悪い。偶然だろうか。ボールを打つ前には誰でも軽く素振りをしているが、それは誤りだろう。素振りでがんがん目一杯振ってから、本振りで軽く打つのが正しい。変だろうか。

なぜゴルフでは、ショットがホールアウトに向かってだんだん短くなるのだろうか。330メートルのホールで、もしもティーから150メートル先に池があって、その池は奥行きが100メートルあるとすれば、250メートルのキャリーボールが打てるゴルファー以外は140メートル打ってそこから190メートル打つしかない。

これを「刻む」とか「レイアップする」と言うが、池の奥行きが150メートルあったら誰でもティーショットは140打つわけで、そこに選択の余地がないから「刻む」という言葉自体が死語になる。コースが全ホールの半分をこのやり方で作ってあれば、私の不思議が消えて無くなる。

またたとえばプロの試合などでは短いアイアンで打つと必ずバックスピンでボールがグリーンから転げ落ちるようにするのも効果的だ。タイガーが何度も何度もバックスピンのために手前の池に捕まったスペインのあのコースは忘れがたい。長いアイアンで狙わないと乗らないグリーンが生まれるなら、ショットの降順も和らぐだろう。

パー4のティーグラウンドの目の前に大きなマウンドがあって、ドライヴァーでは打てないというシチュエイションも、パー3のティーで目の前の木の枝が覆い被さって、8番で打てる距離を3番で打たなければならないというのもいい。

それでもパットは依然として降順である。ファーストパットがセカンドパットより短いといったことはパットパットゴルフでしか起こらない。本グリーンでパットの降順に変化を起こすには、パットパットゴルフに学んで「へ」の字のグリーンや真ん中にラフのあるドーナツ型グリーン、あるいは傾斜のきついゲレンデ型を作る。

短いクラブで打てることの有利さはゴルフがスポーツである以上どうやっても決して無くなるものではない。スポーツはパワーとテクニックの総合力で競うゲームというのが定義だから、短いクラブで打った方が有利なときに、そこまでボールを運ぶのにパワーが必要ならば、パワーが物を言う。

しかし何時でもビューンと打ってポンと乗せるほどつまらないゴルフはない。全英オープンがアメリカのどんなゴルフ場の試合よりおもしろいのはそこだ。アメリカのバランス感覚は常にパワーの方に傾く傾向があるが、それでゴルフそのものがつまらなくなっては困る。

飛ばないゴルファーは5番で120を打ち慣れているが、ウェッジで120飛ばすゴルファーは5番でコントロールしなければならないと困るだろう。ラグビーがアメリカに行くとアメリカンフットボールになる。不確定要素が排除され、技術とパワーがより鮮明になる、ように見えるが、運不運をコントロールするのもまた技術である。

変な話のついでに、私はロングパットはなぜショートパットより難しいのか実のところわからない。パットが下手なせいもあるが、私には30センチも3メートルも同じだ。15センチまで寄らないと入るとは信じられない。

パターのヘッドにゴルフボールのような金属の球が付いているパターがある。パターというより練習用具かも知れないが、この場合確かに小さなストロークでうまく打てても大きなスイングになるとなかなか当たらない。射撃でもミサイルでも的が遠くなると当たる確率が下がるのは当たり前だ。

それは一つには発射するのに必要なパワーが大きくなると、振動その他の規模も大きくなり、コントロールが難しくなって誤差が増えるからだろう。もう一つは発射された後、遠ければ遠いほど環境の影響が大きくなり、読み切ることが難しいからだろう。そういう立派な話は分かるけれども本当だろうか。

もしそうだとすれば、よく入るグリーンほど表面が滑らかでしかも速い、ということになる。速ければ強く打たなくて済むし、滑らかならば計算通りに転がる。ところがそういうグリーンは普通難しいと言われている。やっぱり私にはロングパットがなぜショートパットより難しいのかわからない。目標が小さくなるといっても、カップの大きさは同じだ。

ちょいと賢い人は、確度を言う。左右に10パーセントの確度を持っているゴルファーなら、100メートルを狙えば10メートル以内に打てる。それが200メートルになると20メートルに広がるだろう。ぎりぎりオンするかもしれない。

10メートルのパットならば1メートルで、5メートルになると50センチだから、60センチは6センチで、これはカップインする。しかし確度が距離に依存「しない」という根拠は何なのか。1メートルと1キロメートルが、5センチと50メートルの差と変わらぬ確度を保っていると言う根拠がわからない。

 
人は立ち向かう困難が、それが大きければ大きいほど燃えあがるように作られた生き物ではなかったか。

« 0026 全ての先入観に背いて | トップページ | 0029 クラブの長さはなぜ違うか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0026 全ての先入観に背いて | トップページ | 0029 クラブの長さはなぜ違うか »