« 0086 スリーオンとスリーパット、どっちが簡単? | トップページ | 0088 弓型スイングとルーク・ドナルド »

ゴルフはパーオンツーパットが基本だが、どうしてもパーオンの方に命がけになる。スコアを離れて、実際2オンと2パットのどちらが簡単なのか。2オンは距離に依存する。だから今時のゴルフ場はつまらない。

或るホールのホールハンディを確かめることが、そのホールの距離を確かめるのに等しいという昨今の状態は実に情けない。距離の特に長いホールが難しいのは自然だが、距離がないのに妙に難しいホールがあるのも昔は自然だった。だからティーショットの前にホールハンディを確かめる意味があったのだ。

ちなみに、この数年何回かプレーしたゴルフ場で、私が一番難しいと感じるホールのホールハンディが11というのがある。距離があるから私のアイアンでは届かない。だからスプーンで打つのだが、ホールハンディ11の理由はグリーン周りに障害がないかららしい。

このホールはティーショットが250以上出るゴルファーなら確かにホールハンディ11でもいいだろう。つまり最近のゴルフ場はドライバー250が基本になってハンディが付けられているので、230しか飛ばないゴルファーには長いという言葉のレヴェルが変わって、私の感じとホールハンディが一致しない。

2パットもまた距離に依存する。しかしパットの場合には距離よりラインだ。曲がる下りの3メートルより真っ直ぐの登りの5メートルの方が楽だ。この点でグリーンの方がコースよりおしゃれだと言える。飛距離だけで難しさを演出するのは下品である。

第一パットはボールがグリーンのどこに乗ったかに依存する。つまりショットによってグリーン上の、パットのためのティーグラウンドが動くようなものだ。だからパットはショットと同様距離に依存する上、ショットにも依存する。ここがショットとパットとの分かれ目とも言える。

ティーグラウンドは決まっている。しかしパットは常にショットの後に来るから、それが為にショットが重要視される。ショットのティーグラウンドは決まっているのに、パットのティーはショットが乗ったところだから、そりゃ誰でも近くに乗せたい。

ゴルフのルールを変えて、グリーンオンしたらグリーン上にパッティングティーというのを作って、どこにオンしようが一律そこから第一パットをする、となるとゴルフはどう変わるか。

さらにワンパットなら次のホールはレギュラーティーから打ち、2パットならバックティーから打つ。そして3パット以上はフルバックからティーショットしなければならない、というようなルールだったらどうだろう。

こうなるとショットの方もパットに依存するようになる。これでパットとショットが互角になる。何しろパット次第で次のホールが340ヤードパー4になったり396ヤードパー4になったりするから、パットの善し悪しでスコアは天地ほど違ってくる、ように思える。

しかし考えてみれば、元々スコアはパット次第だ。パットイズマネーと言うくらいだから。アメリカのプロのパーオン率は最高でも約7割5分である。一方トップクラスのパット数の平均は1、8を切って1、75辺りだから2パットの確率は100パーセントを越える。これだけ考えるならパットの方が簡単だ。

パットは穴に入ればいいが、ショットはグリーンに乗ればいいとは考えない。出来るだけ近くへ運ぼうとする。130ヤードのセカンドと、13メートルのファーストパット、どちらもワンピン以内に打とうとする。一方はセカンドヒット、もう一方はサードヒットなのだが、気分は同じだ。

その錯覚がミスを誘い、結局パットのうまいゴルファーが楽に2オンする。パターの下手なゴルファーはピンの出来るだけ近くに乗せようと無理をするから打ち間違える。グリーンを大きな穴だと思い、パットの感じでその穴に入れればいいと思えれば、結果は少し違ってくるだろう。

プロはベタピンにショットするからワンパットが多くなると主張するゴルファーがあるだろうが、飽くまでパーオン率が75パーセントであることを考えると25パーセントは乗らないのだからコロガシやピッチショットでベタピンとなる。

仮にパー3のワンオンをツーオンと考えれば、ゴルフ場で見ている限り、普通のゴルファーがワンオンする確率は25パーセントくらいだろうか。それがパー4のフェアウェイからのセカンドになると確率はもっと落ちるはずだ。

ティーアップできるパー3と違ってライが悪いこともあるし距離表示のボードがあるわけでもない。そしてスリーパットを何回やったかというような会話から察するに、ツーパット率は45パーセント程度ではないか。

と言うわけでアマチュアの場合もツーオンよりツーパットの方がやさしいことになる。うーん、本当だろうか。筆者

« 0086 スリーオンとスリーパット、どっちが簡単? | トップページ | 0088 弓型スイングとルーク・ドナルド »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0086 スリーオンとスリーパット、どっちが簡単? | トップページ | 0088 弓型スイングとルーク・ドナルド »