« 0145 方向のないクラブと重さのないクラブ | トップページ | 0147 ガチャ目か利き目か畳の目 »

運動神経の発達したゴルファーは、ゴルフを始めた当初からハンドファーストに構える。Y型に構えるのは普通の初心者か、あるいは余程ゴルフに熟練したゴルファーが試行錯誤の果てに到達するスタイルである。ハンドファーストはしかし、定常状態としての、つまりアドレスとしての構え方ではないことをご存じか?

何らかの方法で、ゴルフクラブが空間にセットされているとする。それは地面から立ち上がっていて、ハンドファーストにアドレスするようにセットされている。ゴルファーがそのクラブを握り、アドレスを取れば、それは見事なハンドファーストのアドレスになる。

 
しかし、それは見方によれば間違いである。アドレスに力は貯められない。自然体であるはずだ。もしも、自然体としてのハンドファーストでアドレスを取れば、それはそれなりにほうき型というスイングスタイルでスイングすることは可能だが、ハンドファーストの意味は半分なくなってしまう。その意味を承知してそうするならば問題はない。

 
ハンドファーストの構えとは、正確に言えばアドレスの構えではなく、アドレスからスイングをスタートさせた直後の、パワーを蓄積した形の、いわばスイングの最初の一瞬である。

 
つまり、まっすぐな棒をしならせるような作業の結果として、ハンドファーストという状態が起こる。あるいは起こせるといってもいい。

 
ハンドファーストで成功したゴルファーの多くは、ハンドファーストという状態を、エネルギーをため込んだ状態として認識し、利用してきた。たとえばY型スイングでアドレスを取ったあとに、ハンドファーストにするために手の位置を左へシフトする。

 
その瞬間、そこにはパワーが貯められる。貯められたパワーが戻る先はY型である。そのしなり分がパワーになり、しかもスイングの核心はほうき型でなく熊手型に移行する。

 
余程のパワーがなければ、定常状態のアドレスとしてハンドファーストを考えるのは得策ではない。ニクラウスもそれを知っていただろう。ハンドファーストの意味を誤解してはいけない。

ハンドファーストをどう使うかは自由だが、誤解せずに使ってもらいたい。目標を正確に捕捉したいという気持ちは、Y型のアドレスをT型に変更させるのに十分な意味を持っている。けれども、そうするとY型の持つ熊手型のイメージが消えてしまいやすい。

ハンドファーストを上手に使っているゴルファーは、T型でアドレスしたあとに、さらに手首を左へシフトさせ、ハンドファーストという状態を実現するか、あるいはY型のアドレスでイメージを作ったあと、手首を左にシフトさせ、T型に似た状態を作ることで、ハンドファーストを実現するか、どちらかである。

ハンドファーストは生きている。単に照準を合わせる手段として使うだけなら問題はないが、生きた使い方をする方が効果的だ。ただしその意味をよく理解してから使わねばならない。 筆者

« 0145 方向のないクラブと重さのないクラブ | トップページ | 0147 ガチャ目か利き目か畳の目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0145 方向のないクラブと重さのないクラブ | トップページ | 0147 ガチャ目か利き目か畳の目 »