« 0056 たかがライ角されどライ角 | トップページ | 0058 スウェイ打法のすすめ »

ウッドのアドレスは決まるが、ロングアイアンのアドレスが決まらない。なぜだろうなぜかしらと、数年間その謎に挑んだ。2番アイアンと4番ウッドを全く同じライ角、バランス、そして同じ長さにしてみてさえ、どうしてもウッドのアドレスは決まるのにアイアンは決まらなかった。

初めはヘッドの形状による重心位置の違いが、手首のパワーの限界付近で分かれ目を作っているからではないかと思ってみたが、アイアンヘッドの重心位置をどんなに変えてみてもうまく行かなかったので、どうもそれだけとは思えない。

ヘッドの形が違うために何か錯覚を起こすのだろうかと、アイアンヘッドの後方に発泡スチロールでリュックを背負わせ、まるでウッドのようにしてみたが、やはりウッドの方はアドレスが決まるのにアイアンは決まらない。そういうアホらしい試みの果てに、気付いた。ウッドフェイスに付いているアール、つまり曲面のいたずらだとわかった。

恥ずかしながら、私はウッドのフェイスに付けられているアールつまり曲面の意味を知らない。あった方がいいならアイアンを含めた全てのクラブに付ければいいじゃないか、と思う。

無い方がいいならウッドもフラットなフェイスにするべきだろう。そこがわからない。昔からアイアンと同じ真っ平らなフェイスのウッドはあったが、曲面のウッドを滅ぼす勢いはないらしい。

ウッドとアイアンは確かに物理的に非常に違った性能を持っている。両方を使い分けることが果たして本当にゴルフコースと戦うために最善なのかわからない。全く性質の異なる道具の両方に熟達する時間があるならば、どちらか一つに決めて練習した方がいい結果が出るのではないかという気もする。

ウッドは飛距離でアイアンは正確さだというような子供だましの幼稚な議論をするつもりはない。ゴルフスイング的にウッドとアイアンを区別する根拠はない。

もし仮にウッドフェイスの曲面に意味があって、アイアンのフラットフェイスにも意味があるならば、ゴルフクラブはドライヴァーからウェッジにかけて滑らかにフェイスの曲率を変えて行くだろう。ウェッジが真っ平らで、ドライヴァーのアールが最も大きい、というクラブセットでなければ説明がつかない。

ゴルフというスポーツは、それをするゴルファーも、道具としてのゴルフクラブも、どこまでも非科学的だ。確かに飛距離を増すための工業技術はつぎ込まれているが、それは科学がゴルファーという名のアホにゴマをすっている姿にしか見えない。

科学の眼から見ると、ゴルフ界はまじないと迷信に満ちた古代世界に過ぎない。どこまでも荒涼とした暗黒の地平が続いている。

アイアンとウッドには科学的な分かれ道があるのだろうか。そういう観点から全てのクラブをウッドの形で実現するクラブがある。私はそういうクラブを作るクラブ屋を尊敬するが、しかし単なる思いつきだけで伝統と戦ってはいけない。

私が知る限り、あらゆる新種のクラブには発想があって研究がない。心理があって真理がない。それではベン・ホーガンに遠く及ばないだろう。ホーガンのアイアンには研究だけがあって発想はあとからついてきたから、特別変わってはいないが、そこには真理がある。

新種のクラブには進歩のきっかけはあるが、深い考察が欠けている。それでもメイジャーメイカーのクラブより楽しいのは、そこに常識にあぐらをかいているクラブメイカーと戦う勇気を見るからだ。

ウッドフェイスのアールも、いつかは科学的に処理されるだろう。ウッドは元々木だから、フェイスのアールは構造的な強度から考えられたものだと思うが、チタンの時代になってもアールは残っている。

強度の問題がなくなっても、まだ何となくアールを付けたい気分はわかるのだが、流体力学だけで残っているわけはない、と思う。クラブ屋がそこまでアホだとは思えない。もっと心理的な話だろうか。私にはまだわからない。筆者

« 0056 たかがライ角されどライ角 | トップページ | 0058 スウェイ打法のすすめ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0056 たかがライ角されどライ角 | トップページ | 0058 スウェイ打法のすすめ »