« 0041 ノーコックとメンコ打法 | トップページ | 0044 ラバーグリップを切る »

ゴルフスイングの全ての困難と感動は、クラブの持つトルクが原因で起こる。シャンクはもちろん、スライスもホックも、決まらないアドレスも、クラブが奇妙なトルクを持つから生まれる。逆にドライヴァーが素晴らしく飛ぶのも、また同じパワーでも飛ばないゴルファーがいるのも、全てはトルクの仕業である。

トルクとは何か。指の上にシャフトを載せると、シャフトのどこかでクラブは水平にバランスする。その点がクラブの重心であるが、その時ヘッドは垂れ下がっている。ヘッドを上に向けても、くるっと垂れ下がる。その力をトルクと呼ぶ。野球のバットにそういうトルクはない。もしバットにトルクがあったら、さぞ打ちにくいだろう。

水平に支持したクラブのグリップエンドを指でつまんでラジオのボリュームよろしく回すと、ウッドの方がアイアンより楽に回る。アイアンはコキッコキッというように鋭く抵抗する。すごいトルクがあるからだ。パターで同じことをすると、今のパターはトルクがないから抵抗無しに軽く回る。ものによっては完全にノートルクで、回して手を離したところでどこでも止まったまま動かない。

もっとすごいパターはフェイスが真上を向いて止まる。アイアンでは考えられないことだ。アイアンのフェイスはいつも横向きだ。これを真っ直ぐにしてから打つのだからゴルフは簡単ではない。トルクが全くないか、あるいはフェイスが真上を向くようなトルクを持っているスワンネックのようなアイアンやウッドを作ればボールは真っ直ぐ飛ぶ。ただし飛距離が落ちる。

トルクの発生するものが高速で動くと、恐ろしいことが起こる。地球ゴマを回したとき、軸をつかんでコマを縦にしたり横にしたりしようとしても、何だかうまく出来ない。それと同じように、トルクのあるものが動き出したらなかなか簡単には姿勢を制御できない。

クラブの重心とは別にヘッドにも重心がある。こちらの方がスイングへの影響は微妙に深刻だ。アイアンはフェイスのちょうど真ん中よりわずかにネック寄りのところにボールが当たるので、そこいらが重心だ。

テニスラケットでも真ん中よりも少しネック寄りにボールが当たる。ヘッドのトウに重りを付けていけば、重心はつま先に寄っていくが、重心が先に寄るほどトルクが増えるから、真っ直ぐ打つのに苦労が多くなる、場合もある。

トルクの威力はドライヴァーで30から40ヤード、アイアンで15ヤードほどと計算している。従って飛距離無しにはどうにもならないレディースゴルファーとプロゴルファーはトルクを使わざるを得ない。しかし普通のメンズゴルファーにとっては考えどころだろう。500ヤードのパー4がない限り、パープレーに最も早く近づくためには、実に考えどころだ。

ティーショットで真っ直ぐ240飛ばせるゴルファーが80で回ることは比較的楽だ。50年前ならそれはプロゴルファーの世界だった。しかしティーショットで210ヤード安全に打てるゴルファーなら、グリーン周りでドジを踏まなければやはり80で回ることは難しいことではない。パターが上手ならパープレーも夢ではないだろう。

パワーのある人は何もせずに240打てる場合もあるが、かなりパワフルに見える。その点トルクを使う人はきれいなスイングで240飛ばす。トルクを使うにはバックスイングでヘッドを大胆に開かなければならない。体のねじれと同様シャフトのねじれがトルクだからだ。

非常に高度なレヴェルではトルクがゴルフを左右する。スワンネックのような特別なクラブは、ヨーロッパやアフリカのようなこれからゴルフが始まるという新世界でしか意味を持たない可能性もあるが、パワーさえあればこれほど簡単で謎のないクラブはない。

それがすでに手遅れなほどコンヴェンショナルなクラブが通用しているゴルフ社会では、柔らかいのにねじれのないシャフトや、硬いのにねじれの大きなシャフト、そういう実現不可能に見える新素材が、新しい次元のゴルフを作っていくだろう。

それにしても結局はトルクである。それが飛距離とコントロール両方の要だ。しかしコンヴェンショナルなゴルフクラブに於いてはその両方が対立する、反比例する。あちらを立てればこちらが立たない関係になる。だからややこしい。

反比例は小学校ではやるが中学では避けて通る。方程式だ二次関数だとかっこよさそうなのはやるのに、なぜか反比例はやらない。実を言うと、反比例はそれだけ恐ろしいものなのだ。

ちょっと積分するとたちまちあのおぞましい対数になるからだ。二次関数なんて積分しようが微分しようがどうってことはない。それで反比例の方がはるかに恐ろしいというわけだ。何のこっちゃ。

私はアドレスでヘッドをやや開いて構えていた。その角約25度。長い間、自分がなぜヘッドを開いて構えたがるのかわからなかった。ショートアイアンは開かない。長いアイアンも、日によって開かないことがある。

ヘッドを真っ直ぐ合わせて打つのが苦しいときに開く。人はそれを見て、ヘッドを開くくらいなら握りをストロングにして置けばと言うが、どうもグリップには無関係で、どんなグリップでも、25度開く。

その原因がトルクのいたずらだとわかるまでに長い年月が流れた。強い向かい風に向かって歩くとき、人は体を斜(はす)にする。風の抵抗を小さくしたいからだが、私がヘッドを開いてアドレスするのも、バックスイング始動時にわずかに感じるヘッドのトルクを小さくして、スムーズにバックスイングしたいからだった。今はスワンネックだからヘッドはほとんど開かない。

圧倒的なパワーをもってすれば、そんなブレは気にならないが、私の腕力にはビビッと来る。そこでヘッドを開いて、トルクを感じない程度にヘッドをセットしている。その角度が、私の使用しているアイアンと私自身のパワーでは25度ほど必要になっていたのだ。このようなトルクの処理がゴルフの本質にある。

トルクレスはパターから始まった。新しい時代は常に、それを簡単に実現できるところから始まる。日本のスポーツはまず女性が世界に羽ばたく。それだけ女性が若い時代を自由に生きられる社会だからだ。

パットにパワーは無用だ。そこでトルクが無くても困らないパターから新しい流れが始まった。その流れはいつかゴルフ全体へ広がるだろう。筆者

« 0041 ノーコックとメンコ打法 | トップページ | 0044 ラバーグリップを切る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0041 ノーコックとメンコ打法 | トップページ | 0044 ラバーグリップを切る »