« 0109 スワンネックのチューニング | トップページ | 0105 片山プロの一言 »

前向きパットを始めて久しい。ゴルフ界には、禁止されない限りいずれ前向きパット全盛期がくるのだが、それはスワンネック同様、何時来るかはわからない。逆手の、つまりリヴァースでパターを握る方法がまず全盛期を迎える。まだマイナーの域を出ていないと思うが、それが全盛期を迎えた後に前向きパットはやってくる。

ちなみに長尺パターが市民権を得るのに50年はかかっているが、これは今が全盛期であって、メイジャーにはならない。そういうわけで、前向きパットはずっと先のグリップなので、今やるには勇気がいるだろうが、最近画期的なアドレス法を発見した。

パターヘッドをボールの17センチほど後ろにアドレスする。こうするとパターに付いているセンターマークと、ボールと、そして目標を一直線にセットしやすい。当たり前の話だが、これは普通のパッティングスタイルでは絶対に出来ない芸当である。

普通の横向きパットではヘッドを引けばクラブフェイスは開く。しかも目標とボールを結んだ線の延長線上にはいられない。ラインを外さないことと、フェイスを開かないことは、どちらも不可能ではないが、異常なスイングを作らねばならない。

前向きパットはリニアトラッキングなので、どこまで引いてもフェイスは目標に真っ直ぐ向いている。下向き上向きにはなるが。だから、ボールの後方のどこへアドレスしても、かまわない。かまわないどころが、こうすると、バックスイングを小さくできるから、スイングのブレを格段に小さくできた。

しかも、狙いが決まりやすい。そりゃそうだ。たった1センチの砲身の銃と、17センチの砲身の銃では、狙いの正確さが二桁以上違う。自分のパターが本当に狙った方向に向いているのかどうか、心配していたらパットにならない。

前向きパットは後方アドレス方式によってその価値を倍増するかも知れない。ただしどうすれば水平にヘッドを動かせるのか、それはまだわからない。何もかもが初めての経験だから。筆者

« 0109 スワンネックのチューニング | トップページ | 0105 片山プロの一言 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0109 スワンネックのチューニング | トップページ | 0105 片山プロの一言 »