« 0154 自分のスイングを信じますか2 | トップページ | 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) »

ラインが読める読めないの話はすでに別の幾つかのタイトルで終わっている。今のところそれ以上の話は必要でない。ところで、ショートパットをしたときに、打った瞬間ラインが違うとわかることがある。ミスだと思うだろう。ただミスしたのだと思って、真っ直ぐに打つ練習をする。

初心者はそれでいい。誰が見ていても明らかに真っ直ぐ打ち出せていないのだから、練習すればうまくなるだろう。しかし、熟練したゴルファーに、時々引っ掛けるとかプッシュアウトするということが起こるが、それは本当にただのミスだろうか。

それならどういう風にミスをしたと、はっきりと説明できるか。実は、明らかに打ち間違えたのがわかった場合を除けば、それは単なるミスではないかも知れない。むしろ謎なのかも知れない。

私が自分の感覚神経に過大な自信を持っているから言うわけではない。ご存じの通り私のパットは前向きパットである。ほぼ真っ直ぐ引いて真っ直ぐ出すのだからごまかしが利かない。それが逆に、ミスをシンプルに調べることを可能にする。

普通の横向きパットではスイングはリニアになれないので、非常に複雑な物理になり、真っ直ぐ出せたかどうかの検証は到底不可能である。したがって自分の手が、勝手に、なぜかその時に限って、引っ掛けた、と思う以外にどうしようもない。

ところが、私の前向きパットに引っかけはない。ボーリングのボールを転がすのと同じだから、細かく言うと引っ掛ける、という言い方はあり得(う)るけれど、軽いパターを両手で、しかも左右の手はグリップの上下40センチも離れたところをつかんでいるので、引っ掛けるという言い方にはちょっと無理がある。

その私が、実は引っ掛けることがある。引っ掛けると言うよりも左へ打ち出すという方が正しい。右へ打ち出すことは滅多にない。つまり普通の横向きパットと同じことが起こる。なぜだろうかと調べ始めたら、これがなかなか奥の深い話になるのである。

最初にパターのバランスを疑った。前向きパターは左右が完全に対称でなければいけないのだが、左が重くてヘッドの出が遅れ、それで左へ行くのではないかと疑った。和室の障子に西日が当たってパッと明るい。障子の上の桟(さん)に、パターグリップの端がうまく引っかかる。

フェイスをこちら向きにして、ラバーグリップの端、シャフトと段差が出来ている部分を桟に引っ掛けた。するとパターはほぼ真っ直ぐ垂れ下がった。障子には縦に桟が沢山あるから、シャフトの垂直度を測るのにとても都合が良かった。

シャフトはわずかに右に傾いていて、つまり予想とは逆にヘッドの右側が重いことがわかった。そこでヤスリを使って右を削っていった。重さにして1グラム前後削ったところでパターは完全に左右バランスした。

このパターを使ってしばらく人工芝の上でボールを打ってみた。やっぱりたまに左へ飛び出す。そんな自覚症状はないのに、なぜだかわからない。左に打った感じはないし、フェイスの向きが突然ずれたとも思えない。

前に書いたとおり、私の眼は1パーセントの誤差を持っていると考えられるため、私は目標までの距離の1パーセントだけ右を狙って打つことにしている。しかしこの誤差もまた怪しいのがわかっていた。右利きの私は前向きパットのボールを右に置いている。

相体勢理論はここでも立派に生きている。ボールを右側に置いた場合と、左に置いた場合と、目標の方向が違うのだ。ボールを左に置いたときに目標へ真っ直ぐ向けたつもりのヘッドを固定しておいて、体を右へ移動させ、再度目標を見ると、フェイスの向きが目標を向いていないように見える。

つまり、打ち方が突然悪くなって左へ打ち出したものなのか、初めから相体勢理論による錯覚に陥っているのか、わからなくなった。眼の誤差も、その方向が理論と一致してしまう。これらの事実は横向きパットでは意味をなさないのだが、引っ掛けるというミスが本質的に持っている意味をわかりやすくする。

アクシュネットのパターのような、左右、つまり表裏どちらでも打てるパターを使って左利きのゴルファーと同じようにボールの右側に立ってパットをしてみると、右に打ってしまうミスが出る。このミスを引っかけだと思っているだろうが、どうも引っかけではないらしい。

引っ掛けたのではなく、右に打ったのである。引っ掛けると言うから、それが運動神経の誤りだと思いこんでしまうが、右に打ったミスだと思うと、事情は変わる。引っ掛けたと思うから、それを補正しようとしてプッシュアウトのミスが出るのだろう。実際は引っ掛けてはいないのだ。

ゴルファーはただ左に打ってしまっただけだ。引っ掛けたわけではない。シンプルな前向きパットの誤差が教えてくれたのは、パットにおける相体勢理論の存在であった。パットにも相体勢理論が生きていた。これを補正するには、当たり前の話だけれど、目印が役に立つ。

ゴルファーがパットをするとき、ボールの先30センチあたりにラインを示す目印を探す。これは相体勢理論を補正するために思いの外意味があると思った方がいい。たとえ50センチのパットでも、必ず手前に目印を見つけて、それに向けて打つ方がいい。

50センチに対する相体勢理論の誤差は両目の間隔に関係し、左右の目が離れている人ほど大きく、背が高いほど小さい。したがって短いパットをかがみ込んで打てば、誤差は大きくなる。目印は相体勢理論の誤差を軽減してくれるはずだ。

短いパットを引っ掛けるゴルファーは、まずどんなに短いパットでも目印を使い、かがみ込まないように注意すれば、幾らかましなパットにはなるが、それよりも理論の誤差を補正する自分なりの数値を見つけだす方がいい。

引っ掛けはない。そこへ打ってしまっているのだ。前向きパットはそれを教えてくれた。たまに出るというのは、つまりある傾向があるものを、普段は精神力がカヴァーしているが、何かの拍子に理論通りに行ってしまうということである。

ゴルファー各自が、自分なりにこの相体勢理論に対する補正を行わなければならない。アクシュネットのような左右が両方使えるパターを手に入れて、左で打ったり右で打ってみたりしてみるのも、理論の錯覚を理解し、自分なりの補正方法を見つけるのに有効であるだろう。

最後に、私は前向きパットを勧めはしない。ショートパットはシンプルだが、ロングパットでは力が入りにくい。パットに悩むゴルファーが前向きパットをするのはごく自然だと思うが、普通のレヴェルのパターならわざわざ前向きに変える理由はない。

ただし女性ゴルファーには向いている。それに私のような本当に救いがたいパターにも向いている。筆者

« 0154 自分のスイングを信じますか2 | トップページ | 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0154 自分のスイングを信じますか2 | トップページ | 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) »