« 0155 思ったパットラインに打ち出せないことがあるのはなぜだろうか | トップページ | 0157 続背面飛び »

私のティーショットはドローするのが普通だが、ワンラウンドに一回は必ず発作を起こして右にプッシュアウトする。ヘッドの先にでも当たるのか、とも考えたが、それにしてはボールの勢いがありすぎるので、まじめに考えることにした。

ボールはスイングの方向へ飛び出す。ヘッドの向きは無関係だ。もちろんゆっくりしたスイングではフェイスの向きが関係する。パターのフェイスを開いて打てば開いた方向に打ち出される。しかしパターフェイスに両面テープを付け、摩擦を大きくして強く打てば、フェイスの向きとは無関係に、打った方向へ出る。

右にハンドルを切れば右に曲がるのは摩擦のお陰であって、アイスバーンでは逆のことが起こるが、それらは普通の状態とかけ離れた条件で起こることを私たちが想像できない、という事実を物語っている。

プッシュアウトするのはスイングがその方向へ動いているからであり、その後スライスすればフェイスがスイングの向きに対して開いていることになる。右に出て戻ってくるなら、フェイスの向きは目標に向いていて、ただスイングが右に向いていることになる。

右向きのスイングなどしているつもりはない。その時、インサイドアウトという言葉が脳裏に蘇った。私のドライヴァーはかなり長いので、スイングはフラットになる。そこで完全な100パーセントのフラット、つまり水平なスイングを考える。

実は二つのインサイドアウトは本当は4つあって、この完全なフラットと、逆に完全なアップライトと、二つの状態それぞれ個別にインサイドアウトとアウトサイドインが存在する。

フラットの場合、地面に円を描くのと同じだからわかりやすい。このときアウトサイドインとはどういうことかと言うと、地面の円周が右から出てきて左へ回り込むそのちょうど正面、体の正面よりも左側になると、ヘッドは外から内に動いている。そこにボールがあればボールはアウトサイドインに打たれるというわけだ。

このときフェイスが目標を向いているとボールは擦(こす)られて、左に飛び出した後スライスする。フェイスがスイングのラインに直角に、正しく向いているとボールは左へ向かってストレートに飛び出す。

私のプッシュアウトはその先でスライスしたかどうか山の彼方で見えない。見えないけれどもほぼストレートボールか、ややフェードする程度ではないかと思う。つまり、ティーアップでボールを右に置きすぎたということになる。これが完全フラットのモデルで考えられる私のプッシュアウトのシステムである。

それでは、今度は完全アップライトのモデルではどういうことになるだろうか。二つのモデルを検討し、最後にそれぞれがどの程度の比率で私のスイングを支配しているか検討すれば、正確な判断が出来上がる。実際のスイングはアップライトとフラットが混ざっているのだから、闇雲に悩んでも意味がない。

完全なアップライトスイングのモデルでは円盤は垂直に立っている。つまり円盤の向きだけを問題にして差しつかえない。差しつかえないと書いたのは、ティーショットはティーアップしているので、アイアンショットのように上から下へ動くヘッドがボールを捕らえる場合を考慮しないということである。(下から上はあるけれど)

完全アップライトのモデルでティーショットを考えるとき、それは円盤の向きだけの話になる。私のプッシュアウトはこの場合円盤が右向きだということである。ボールの位置がどこであれ、それは打たれたボールの飛び出し角が変わるだけで、フラットの場合のように、それがインサイドアウトかアウトサイドインかに影響することは全くない。

さて、これで二つのモデルでそれぞれ起こるプッシュアウトはわかったが、自分のプッシュアウトはどの程度がフラットスイングによるもので、またどの程度がアップライトで起こるプッシュアウトの性質を帯びているのか。

ここまで来れば、あとは自分のスイングをイメージし、プッシュアウトしたときと普通のショットの時とで何か感じが変わっていることはないか、お風呂の中でゆっくり考えてみよう。

翌朝

お風呂で考えるのを忘れたからか、明け方暗いうちに目が覚めて眠れなくなったので、考えた。

円盤にはもう一つの現象が起こるかも知れない。傘が風であおられるように、円盤の向きがスイング中に変わる。これはあってはいけないことだろうが、バックスイングをストレスなくやろうと思えば、十分起こりうることである。

スウェイと言われるものには左右と上下がある。どちらも使って構わないものと私は考えているが、その場合に円盤は平行移動する。衛星放送のパラボラアンテナは、どの家庭のものでも日本中ほとんど平行になっている。無論、衛星は無限遠ではないから、遠く離れた地点では幾らか誤差はある。

したがってスウェイはスイングの角速度に悪さはしないだろう。しかし円盤が向きを変えれば衛星放送は受信できなくなるし、スイングの物理もかなりややこしいものになるに違いない。私は私のプッシュアウトについて、円盤の傾きを疑っている。

思い当たるところがある。目標に対して正確に円盤をセットし、その円盤に沿ってスイングすれば、ボールはプッシュアウトしない。バックスイングでヘッドを円盤の上に出した場合、それは円盤が向きを変えたことになるので、ボールは左に飛び出す。

バックスイングで円盤の下側にヘッドをセットするのが私のやり方である。これはそういう風にしようとすれば、ちょうど円盤に沿ったスイングが出来るという、私なりの癖を補正するためにするのだが、手首の位置が円盤上を動く限りはドローボールが出るだけだ。

が、バックスイングでのヘッドの位置を円盤の中だと勘違いすると、それはつまり円盤が向きを変えたことになり、円盤は右向きになる。そうなると理論的にもプッシュアウトするはずだ。

こうしてある程度プッシュアウトを防ぐために用心すべきことがわかる。ただじっと考える時間と、考えないでプッシュアウトしなくなるまで猛練習するのと、どっちがより疲れるだろうか。筆者

« 0155 思ったパットラインに打ち出せないことがあるのはなぜだろうか | トップページ | 0157 続背面飛び »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0155 思ったパットラインに打ち出せないことがあるのはなぜだろうか | トップページ | 0157 続背面飛び »