« 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) | トップページ | 0609 50才からのフライングエルボ »

ゴルフスイングは目標に対して横向きに構える。そこに落とし穴が待っている、と私は考えている。バッティングもテニスも皆同じことだ。スイングは本質的に引っ張るものである、とも私は考えている。車を運転しているとき、ハンドルを回すが、それもまた引っ張ることが主体である。

人間が全力でものを引っ張ろうとする場合、それは綱引きのごとく、力の方向は後ろ向きになる。障子を開けたり閉めたりするとき、私たちは横向きだが、建て付けの悪い引き戸が動かなくて困ったら、人は引き戸のレールをまたいで、両手で持ち上げながら引っ張る。

(なぜかそういう光景を想像するときはいつも、学校の先生がやっている。なぜだかわからないが、不思議だ。)

ゴルフスイングのように横向きに立ってしまうと、私たちゴルファーはどうやってクラブを引っ張ろうかと考えることを止(や)めてしまう。頭の中で、押すという動作のイメージが膨らんでいくに従ってバックスイングは小さくなり続ける。

しかしダウンスイングの最初の部分はやはり引っ張ることを無視出来ない。結局私たちは力がうまく出せないような、むずかゆいような、不自由な感覚を覚えるのである。

しかし普通に障子を動かすときにも、細かくいえば、動作の大半は指の関節を直角に曲げて、障子を引っ掛けて引っ張っているのである。押しているのは最後のわずかな範囲に限られているし、それはたぶん認識されているだろう。

ゴルファーはアドレスで横向きに構えたとき、何とも言えない不自由さを感じるはずなのだが、それは非常に運動センスのある初心者が初めてボールに対して構えたときしか得られない感触かもしれない。野球の場合は、ピッチャーの投げるボールを打たねばならないので、パワーと正確なコンタクトとが秤に掛けられる。

ボーリングの場合はとても横向きでは出来ないと感じるだろう。それは正確さとパワーの比重に依っている。したがってバッティングもボーリングもゴルフスイングとはやや異なる。ゴルフはボールが止まっているので、自由に姿勢を作れるのだが、不自由なままスイングするので浅いバックスイングになり、スライスしやすくなる。

スイングの練習さえ欠かさなければ、ゴルフはパワーを有効に使うスイングに偏(かたよ)っても構わない、と私は考えている。筋力のあるプロがするような、美しく整然としたスイングが正しいわけではない。しかし、パワーに偏るスイングとは、しゃかりきに打つという意味ではない。

たとえば重い石のようなものを抱えて投げる競技が世界中にあるが、石の重さが50キロ以上だと、初めは股の間から前へ投げる。正面投げだ。それから横投げする。ベリーロールだ。もっと力のある人はこの横投げが段々高くなって、そのうちに背面飛びのように、頭越しに後ろへ投げるようになる。

バックスイングの形にこだわると、あるいはコントロールだけを考えると、当然最大のパワーは生まれない。軽くステップして遠投するとき、どういう格好をしますか? 野茂投手のフォームは遠投と同じです。城之内と言っても古すぎますが、同じです。

ここまでの話の30パーセントは、実は極端なクローズドスタンスで構えればそのイメージが出てくる話である。器用なゴルファーならば、45度くらいの激しいクローズドスタンスで構えてみて、目一杯バックスイングしてみると、トップの位置で、綱引き感覚を体験できる。

私が背面飛びで書いたことはこの話と同じである。ゴルフスイングの、力を入れるという点での不自由さは、アドレスで横向きに構えることから生まれる。実際、アドレスで目標の90度右を向いて構え、つまり目標に背を向けて構え、バックスイングからダウンスイングにかかる瞬間、左足を90度左回りにステップして打つゴルファーを見たことがある。

うまく打てるかどうかは知らないが、飛距離に特化したゴルフスイングとして究極のスタイルだと思われる。バレーボールでは助走して打つサーヴが許されているが、初めてそれを試合で使った選手の勇気に敬意を表する。

非力な女子プロの誰かが、今書いたようなドライヴァースイングを見せてくれると、きっと私はすごく感動すると思うのだけれど、勇気が、常識と戦う勇気が必要だ。筆者

« 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) | トップページ | 0609 50才からのフライングエルボ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0156 続二つのインサイドアウト(プッシュアウトの研究) | トップページ | 0609 50才からのフライングエルボ »