« 0616 クローケースタイルパットのグリップ 2014夏 | トップページ | 617 市販のショートウッドにご注意 »

左手はストロンググリップとウィークグリップ、どちらのグリップでも構わないが、問題は右手のグリップだ。右手にはホックグリップとスライスグリップという2種類がある。真ん中にスクエアグリップという位置も、もちろんあるが。

この右手のグリップ、スライスグリップで握るとバックスイングが出来ないと言うゴルファーが多数存在する。初心者はもちろん、何十年もゴルフをしてきたゴルファーにも沢山いる。なぜだろう。

私はどれほど極端なスライスグリップでもバックスイングは取れる。なぜだろうか。この謎の仕掛けを解明するのは簡単だった。右手をワシづかみにするとすぐわかる。極端なスライスグリップの位置で、しかしワシづかみならば、誰でも簡単にバックスイングは取れる。

つまり、クラブフェイスの向きを無視するかしないか、それが出来るか出来ないかの問題だった。誰でもバックスイングには慎重である。フェイスがあらぬ方向へと向きを変えていくのに耐えられないゴルファーは、出来るだけスクエアに、フェイスの向きをあまり変えないでバックスイングを取ろうとする。

それでスライスグリップにするとバックスイングが取れなくなる。バックスイングを始めてすぐに、もうこれ以上は引けないという、限界のようなところにぶつかってしまうわけだ。

ところが右手ワシづかみだと、どんなに激しいスライスグリップの位置でも気楽にバックスイングが取れる。このバックスイングのイメージを使えば、普通のゴルフグリップでも、たとえ右手の親指と人差し指が作るくさび形の三角形の頂点が左の肩を指していても、あるいはもっと左に向いていても、どこまででも平気でバックスイングが取れる。

右手スライスグリップというのはゴルフスイングにとって非常に重要なポイントである。このグリップを使うためにクラブフェイスの向きがややこしくなることを差し引いても、桁違いに価値のあるグリップである。

実際には、ある程度慣れてくると右手のスライスグリップはクラブフェイスの向きにさほど影響しないで実現できるようになるのだが、どうしてかと言われると、よくわからない。私の手首が特別に柔軟だからなのかもしれないし、あるいは誰でもそうなるのかも知れない。

話はここから始まる。極限の右手スライスグリップというのは、ゆっくりと素振りをした際に、インパクトの先、シャフトが40度ほど回った、進んだ状態でスイングをとめる。その時自然なスイングであればクラブフェイスはシャットになっているが、そこで握りを変える。

左のグリップはしっかりとそのまま変えずに、右手のグリップを動かしてクラブフェイスをスクエア、つまり目標方向へ向けてから右手のグリップを無理のない状態で握り直す。こうして作られたグリップをアドレスに戻すと、それは今までやったことのないほど不自然なグリップになっている。

初心者には到底バックスイングが始められないだろう。しかし上級者ならばバックスイングに困ることはない。ただ、そのグリップでボールがどこに飛ぶのか、予想は出来ないはずだ。これが右手スライスグリップの極限である。

どの程度のスライスグリップが自分のスイングに適当なのか、それは各自が考え、研究すればいい。 筆者

« 0616 クローケースタイルパットのグリップ 2014夏 | トップページ | 617 市販のショートウッドにご注意 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0616 クローケースタイルパットのグリップ 2014夏 | トップページ | 617 市販のショートウッドにご注意 »