« 0170 狙うとは何をすることか2 | トップページ | 0171 シャンク40年目の悟り »

ゴルファーはダフリやトップに悩む。これもボールをフェイスの真ん中で打てないということである。シングルになるとダフリもトップも滅多にしなくなるが、ボールをフェイスの真ん中で打つ必要に迫られ、芯から1センチ先やネック側で打つことも許せなくなる。

ダフリやトップは明らかなミスショットだが、芯を1センチ外してもアイアンならばボールの行方は10メートルとは変わらない。しかし上級者は困るのである。シャンカーの私ほどではないにせよ、真芯でボールを捕らえることはゴルフスイングに慣れれば慣れるほど難しくなっていく。

「シャンク…」のプロローグにあるとおり、人はある作業に慣れると、目をつぶっても出来るようになる。それはもはや目標を見ないで出来るということだが、それだけスイングに慣れた果てにやってくるのがシャンクである。ボールを見ていながら、ボールに当たらない。

ゆっくり振れば当たるが、フルショットになると全く違うところを打つのである。身に付いてしまったフルショットのスイングはボールを見ていない。見なくても打てる。それがひどくなると、逆にボールを見ていてもそこを打てなくなる。これがシャンクだ。シャンクまで行かなくても、それに近い困難に陥ってしまうシングルゴルファーは少なくない。

この種のミスを考察する場合、地面を考えないでスイングを考察するとわかりやすい。ダフリはシャンクの鏡映であると、私は思っている。経験的にシャンカーはトップはするがダフらない。つまり、ボールをネックの近くで打ってしまうゴルファーはダフらないが、先の方で打つミスが多い人は時にダフるだろう。

ダフリを止(と)めたい人は、きっといろいろな原因を考える。右肩が落ちるとか、体が突っ込むとか、あるいは腕が急に伸びるとか、そういう原因は突き止められるが、それですぐにクリーンヒット出来るようにはならない。

たぶん、ダフリをとめたら今度はフェイスの先にボールが当たってピチッという妙な音がする。そしてボールは弱々しく右前方へ転がるだろう。

ゴルファーがスイングを考えるとき、ボールはいつでも地面の上にある。それでつい、ダフリはボールの手前を打ってしまうミスだと、そういう風な見方をする。そうするとトップとダフリが反対のミスと認識される。無論そうだが、それだけではない。

フェイスの真ん中でボールを捕らえられない状態には上下左右があるはずだ。ダフリとトップは上下のズレであるが、左右のズレがフェイスの先に当たる逆シャンクとシャンクにあたる。この方が自然な理解だろう。そこでダフリとシャンク、あるいはトップと逆シャンクが有機的に関係しているという予想が成り立つ。

実際私はシャンカーだからダフらないが、ダフる人はきっと逆シャンクも出ているはずだと、そういう演繹(えんえき)的な考察が出来る。1と(-1)だけ考えれば、それは直線の上にゼロを真ん中として右と左にある。しかし1を180度回したら(-1)になると考えれば、90度の所には虚数のIがあり、270度の所には(-I)がある。

複素数の方が物理を考察するには有利で、スミスチャート無しには夜も日も明けないのだ。というわけで、ダフリはただボールの手前を打ったと考えるのをやめて、それをシャンクになる手前で打ったと考える。地面がないとして、ボールが空中に浮いていたとする。

このときもしもボールを打っていたらシャンクになるラインをクラブフェイスは走っていた。なぜか。しかも実際には地面があるのでクラブはボールに当たる前に地面に激突した。なぜか。これはもしかすると深度の誤りである。ボールの遠さを見誤った錯覚の仕業ではないかと、そういう感じがする。

これにトップと逆シャンクという一組のミスが対応する。この二組の錯覚は互いに逆になっている。トップとダフリだけ考えていては、本当の逆が見えないし、本当の原因も見えてこない。

この先はまだ考えていないが、シングルゴルファーがボールを芯で捕らえたいと思うなら、この考察方を使って真芯で打つための調整法を見つけられるだろう。ダフリやトップに悩むゴルファーは根本的な解決策を見つけられるかも知れない。

« 0170 狙うとは何をすることか2 | トップページ | 0171 シャンク40年目の悟り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0170 狙うとは何をすることか2 | トップページ | 0171 シャンク40年目の悟り »