« 0167 スワンネックのこの頃 | トップページ | 0169 横振りの話 »

「シャンク、この摩訶不思議なミスショット」のどこかで書いたことだが、それから10年余りが経過して、かなり確信を持ったので改めて書くことにした。当然ながらちょっと変な話である。

ウェッジをオープンスタンスで構えるゴルファーは少なくない。ショートアイアンになるほど徐々にオープンスタンスにせよというゴルフレッスンさえ存在する。理由は明らかでないが、気分は明らかである。ピンを狙うというショットの目的に呼応して、この方法は十分な説得力を持っている。

人間は目標を定めて狙い打つとき、あるいは狙い投げるとき、正面向きになりたい。テンピンボーリングも、ダーツも、野球のバントも同じことだ。それが出来ないのはパワーを必要とする場合に限られる。野茂も、古くは城之内も、ホームベイスに背を向けて投げた。それはボールにパワーを与えるための賭だったに違いない。

ウェッジはフルショットを必要としない場合が多い。コントロールショットが要求される。従ってパワーは求められないが、狙い通りの方向と距離感を求められる。そこでゴルファーはごく自然にオープンスタンスをとる。ショートアイアンでも、ゴルファーによってはロングアイアンでさえオープンスタンスで打つタイプを見かけることがある。それは全て狙うということに全神経を集中する結果にほかならない。

と、ここまでの話は言わば表街道の話である。ウェッジをオープンに構えるという話には表街道よりも深刻で本質的な裏の話がある。と言ってもそれはボールをクラブフェイスの真ん中で捕らえられないゴルファーに限った話になるのだが。

シャンカーの私にとってはボールをクラブフェイスの真ん中で捕えられるかどうかが問題である。しかしそれは一般のゴルファーにとっても知らないうちに大問題になっている可能性は高い。あなたはボールをクラブヘッドの真芯で捕らえているかどうか知っていますか。たぶん、ちょっとした方向の乱れや距離の不足など、往々にして起こっているに違いない。それらは全て、フェイスの真ん中で打てなかったから起こる。

シャンカーは断言する。フルスイングではゴルファーの体は幾らか伸び上がり、しかもスイングに引きづられ、クラブヘッドは体の方へと引き込まれる。ところがコントロールショットになると、スイングが緩やかに静かになるため、体はいつものような動きをせず安定している。シャンカーがウェッジで起こすシャンクの原因の大半はこのメカニズムである。

これと似たミスショットは一般のゴルファーにも当然起こる。シャンクにならないまでも、クラブフェイスの真芯でボールが打てないためにショットは微妙に狂うだろう。コントロールショットとフルショットの間にはこういうメカニズムの違いが現れる。これはどのようなゴルファーにも共通である。

アドレスを普段よりオープンに構えると、ダウンスイングで引っ張られるクラブの方向はスクエアに構えた場合よりも当然インサイドに傾く。その分ヘッドは体の側に引き込まれ、フルショットとコントロールショットの差を吸収する作用がある。

ウェッジをオープンスタンスに構えるというごく自然な気分が、実はコントロールショットとフルショットにおいて自然に発生するクラブヘッドの通り道の差を、見事に吸収している。重傷のシャンカーである私にとって、この事実の認識はシャンクの本質的な解決法にはならなかったのだが、有力な手がかりになった。

ウェッジはオープンで構えるのがいい。そうすれば静かなスイングでもヘッドはイメージ通りのルートを通る。それで駄目ならば、フルショットする以外にナイスヒットの道はない。距離は不自由だが、ミスショットのロスより、ナイスショットのオーヴァーや距離不足の方がましな場合がほとんどだという事実に気付いて欲しい。

ウェッジでスタンスをオープンにするのは、慎重にゆっくり打つときにはヘッドはフルショットと同じ軌道を通らないという一般的な傾向を補正する意味がある。だから狙うという意識のためにわざわざオープンにする必要を感じないゴルファーでも、コントロールショットではオープンスタンスで打つ方が安全だ。

« 0167 スワンネックのこの頃 | トップページ | 0169 横振りの話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0167 スワンネックのこの頃 | トップページ | 0169 横振りの話 »