« 0215 ホックを調べる その1 | トップページ | 0217 ストロンググリップの程度問題 »

続いて左手のグリップを調べる、のではない。左のグリップにはストロングとウィークグリップ、それにスクエアグリップがある。どのようなグリップであっても、左手のグリップはスイングのイメージを決めている重要なグリップなのでそれを変更するにはそれなりの覚悟が必要である。

左のグリップを普段よりほんのちょっとでもウィーク方向に動かして握れば誰がやってもたちまちボールは右に吹っ飛ぶか激しくスライスする。それは右手をスライスグリップで握った程度で出せる変化ではない。それでこの左手のウィークグリップをスライスグリップだと勘違いしている人がいる。

グリップの話で詳しく書いているが、右手のグリップに付けられたスライスグリップ、ホックグリップという名称はゴルフスイングのための技術用語であり、ゴルフスイングの範疇内で変化する量のスライス、ホックについて考えられている。したがって普段のままのスイングにこのグリップを用いればボールの行き先は微妙に変化する。

それに対して左手の方はグリップの形を固めてクラブをしっかり握るためのストロンググリップと、グリップを柔軟に動かせるように握るためのウィークグリップなので、これらはそのゴルファーのゴルフスイングの根幹にかかわる。

だからほんの僅かでも普段よりストロングに握っただけでそのスイングは壊れてボールはゴルフにならないほどホックするし、ウィークに握れば逆にひどくスライスする。

これはホック、スライスが出たと言うよりもスイングが壊れたということであり、もしもその新しいグリップがいいと思うならば、何年かかけてボールの行方を整えればそれはそれでいいのだが、それはスイングを新しく作り上げることと同じである。

したがって左手のグリップを調べるのは最後にしなければならない。それより前に、スイングの軌道を調べるほうがいい。スイングの軌道についてはすでにこのブブックで沢山説明しているのでここでは書かない。

それらしいタイトルを開いて読み、もしもホックの原因がスイングの軌道のせいではないとわかったら、それから最後に左手のグリップを考える。この手順を誤ってはいけない。 筆者

« 0215 ホックを調べる その1 | トップページ | 0217 ストロンググリップの程度問題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0215 ホックを調べる その1 | トップページ | 0217 ストロンググリップの程度問題 »