« 0193 グースネックの定義 | トップページ | 0186 »

私はデイヴィス・ラヴのスイングを取り上げて、バックスイングでクラブシャフトがちょうど90度、地面と水平になったところでクラブフェイスがどのような開き具合になっているのが正しいかについての一般論を書いたことがある。

話を簡単にするためには1メートル長の板があると便利だ。私の場合はもちろんクリケットのバットだが、裁縫用の1メートル長の定規でもいい。あるいはロフトゼロのアイアンでも構わない。これを握ってバックスイングしたとき、シャフトが地面と水平になった90度の地点で、板の面が地面に垂直でなければならないというのがセオリーである。

しかしこのセオリーは右手でバックスイングした場合の真実に過ぎない。ゴルフは左手一本でやる方が簡単だが、それではパワーが半減する。プロにとっては大問題だが、たかだかパープレーをするのが目標のアマチュアにはたいした問題ではない。

左手に忠実にバックスイングすると、この地点でクラブフェイスはややシャットになる。いつも言うようにゴルフスイングはクラブフェイスが開いて閉じる過程で成り立っているので、閉じたままではスイングできない。これはゴルフマシンにしかできない芸当だ。

正確に打つことを考えると、開いて閉じるプロセスは出来るだけコンパクトに済ませたい。大きな変化は誤差も大きくする。それで正確さを求めるゴルファーのバックスイングは90度の地点でややシャットになる。これを間違いだと考えるのは間違っている。

無論これを非力な女子プロがやっているなら、それはやめた方がいいとアドヴァイスするのは正しい。しかし十分なパワーを持ったゴルファーがやるのは間違いではない。ニクラウスはそのおかげで勝ち続けた。彼はパワーよりも正確さを求め、成功した。

バックスイングでシャフトが90度、すなわち地面と水平になる地点で、あなたのクラブがどうなっているのがいいか、それは正確さか飛距離か、どちらを大事にするかという話である。左手一本で引けばシャットになり、右手主体で自然に引けば垂直になる。

どちらがいいかという話ではない。どちらを選ぶべきか、飛距離かコントロールか、はたまた気分か、要するに趣味の問題だ。スイング自体にいい悪いはない。勝てるか勝てないかだけだ。世間ではこのことが理解されていないので、馬鹿なレッスンが横行しているだろうと、この話を書いた。

« 0193 グースネックの定義 | トップページ | 0186 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0193 グースネックの定義 | トップページ | 0186 »