« 0182 クラブバランスを見直すときが来た | トップページ | 0184 距離のあるコース »

ドライヴァーのアドレスがどうもしっくりと決まらないことはないか? 初めて使うドライヴァーでもないのに、なぜかアドレスが決まらない。あなたは優れたゴルファーである。しかし、そのまま打てば曲がる。

何がいつもと違っているのか。それはバックスイングのイメージが普段と違うのである。たったそれだけで、アドレスは決まらなくなる。

砂浜からの投げ釣りでは、竿はゆっくりと後方にセットされて、竿は地面の方へしなって垂れ下がっている。この状態から一気に振り出す。一方ボートの上からのバス釣りでは、竿は手首のコックによって急激に後方へ振られる。それによって逆「く」の字にしなった竿が、次の瞬間前方へ振り出されるので、しなりは極限に達する。

ルアーをどこか狙ったポイントへ正確に打ち込もうとすれば、しなりとその戻りのタイミングを知らねばならない。ゴルフでも、ゆっくりそっとバックスイングするタイプは海の投げ釣り型であって、ヘッドはダウンスイングで生じるしなりだけに影響される。

ヘッドがどんな格好で戻ってくるか、それはアドレスの構えで決まるわけではない。時空を走るヘッドの、インパクトでの姿勢を支配するのはスイングの微妙な時間経過であり、さらにはバックスイングにおけるヘッドの、フェイスが開いていく加減である。

普段と変わらぬアドレスをしているのにアドレスがしっくりこないのは、ヘッドを引き始める瞬間の、初動作のイメージが出ないからに他ならない。ヘッドが動き出す瞬間は大切である。大切どころか、実はそれがスイングを決定する。物理ではこの初期動作での初期値が全てを決める。

普通の生活をしている人にはa(b+c)=ab+acなので、初期値のズレの大きさはあまり気にならないが、動くものを支配するのはE(T+S)=ET・ESなので、スイングが速ければ速いほど初期値の大きさがショットを決定するようになる。つまりスイングが一番速いドライヴァーショットでは引き始めのテンポがそのショットを決定する。

他のクラブには起こらないのに、ドライヴァーだけアドレスが決まらないと感じることがあるのは、その人が優秀なゴルファーだということである。ヘッドを暴れさせて距離を稼ぐタイプであれ、逆におとなしくしていてもらいたいタイプであれ、時空を走るヘッドの挙動が見えるからこそ、アドレスが決まらないのである。

ヘッドを暴れさせないためにはゆっくり引き始めなければならない。シャフトにしなりが生じないようにゆっくりと引き始める。最近の地下鉄やエレヴェイタのように、動き始めと止まるときに衝撃がないような、そんな工夫が欠かせないのだ。

もう一つ、引き初めのヘッドのロールを計算する。トルクが生じないように、自然に開いていくか、あるいはあらかじめ20度ほど開いておく。シャットに引こうとしても結局は開くわけで、その時には途中で急に開くことになる。そうすると急にネジを巻いたような大きなトルクがシャフトに蓄積される。

ヘッドを暴れさせないためのコツとは、バックスイングでシャフトのしなりとねじれを作らないことだ。フォワードスイングだけで我慢する。言わば砂浜の投げ釣りである。

しなりもねじれもボールを飛ばすから、それを最大限使いたければバックスイングからしなりとねじれを作り始める。フォワードスイングでそれが倍増されるから、ボールはよく飛ぶが、どこへ飛ぶかはわかりにくい。

つまりバス釣りのようなシャフトワークが最大のしなりを生み出す。釣り竿にはヘッドが付いていないからねじれの方は発生しないが、おもしろいことに、リールから出ていく糸はねじれるはずだ。使いにくそうな太鼓型のリールが存在する理由は糸のねじれがないからだろう。

10年来しばしば同伴するゴルファーに、アドレスで40度もドライヴァーのヘッドをシャットに構える人がいる。私は人のスイングに興味はないから何も言わないが、そのスイングイメージが何をどうしようとしているかは何となくわかる。

彼は練習量とラウンド数が非常に多かった頃はバックティーから74で回っていた。彼のドライヴァーショットは真っ直ぐ飛ぶときもあるが、右にプッシュアウトするか左に曲げるか、あるいはUFOの軌道のような不思議な弾道でボールが空中でフラフラする。

なぜだかそれはわかっている。ヘッドを暴れさせると飛距離が出る代わりにそういうことが起こる。

« 0182 クラブバランスを見直すときが来た | トップページ | 0184 距離のあるコース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0182 クラブバランスを見直すときが来た | トップページ | 0184 距離のあるコース »