« 0208 不完全性定理 | トップページ | 0210 やっぱりパワーオフスイング »

風の影響でボールが持って行かれるのは当たり前だ。しかしスイングする体への影響も小さくない。特にフルショットのトップで体が風に押される。ボールに対する影響は向かい風の時が問題だが、スイングする体については追い風の方が影響が大きい。

トップオブスイングの瞬間、ゴルファーの体はバランスの頂点にあって、ちょうどつま先立ちのバレーダンサーのような状態かと思われる。しかも回転していれば状態は強く安定しているが、トップでは動きが止まるから外力に最も弱い状態だ。

向かい風を意識して力が入り、スイングを壊すようなことは追い風では起こらないが、体が押されるのでヘッドの通るラインが変わる。トップやダフリ、あるいはシャンクが出やすくなる。ラインのずれは簡単に2センチにもなる。そこで追い風や背中からの風が強いときにはフルショットをあきらめるのが一番だ。

フルショットでなければトップの瞬間にも体は頑丈な体勢を維持している。それは鉛筆の先を尖(とが)らせれば尖らせるほどシャープな線が描ける代わりにどんどん折れやすくなるようなもので、フルショットのトップでは体がバランスの限界に来ているから非常にもろい、と考えた方がミスが出にくい。

« 0208 不完全性定理 | トップページ | 0210 やっぱりパワーオフスイング »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0208 不完全性定理 | トップページ | 0210 やっぱりパワーオフスイング »