« 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) | トップページ | 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) »

ゴルフスイングは両手でクラブを振る。それはテニスのラケットと違う。スキーは両足に板を履く。スノボーとは幾らか違うはずだ。手を使わないサッカーなどはある意味当然だが、片手でするスポーツの技術と両手でするスポーツには本質的な違いがあって、どちらが簡単というわけではないが、片手の方が解析は楽だ。

ゴルフは左腕のスポーツだと言われているが、それはゴルファーそれぞれに自由である。右利きのゴルファーが下手だという根拠もなければ統計もない。もっともゴルフがスポーツであるならば両腕の方が断然有利で、一方ゴルフがゲームならば両腕の有利は根拠を失う。

私はスイングのリードを右手でも左手でも出来るが、その結果は著しく異なる。つまり右手のリードでするスイングと左手のそれとは同じように振ったつもりでも結果が全く違うということだ。どちらがいいかはわからないが、左手のリードの方が簡単なのは事実だ。

スイングに悩んだとき、クラブを左手だけで握り、何かを感じ取れるまでずーっとそうして握り続けていると見えてくるものがある。それは右手では出来ない。なぜかわからないが、右手の感触で見つけたスイングは左手を添えた途端に消えてしまうのだが、左手でつかんだスイングのイメージは右手を添えてもほとんど消えない。幾らか薄まる程度で、そのイメージは残る。

だからスイングに悩んだときには左手の感触だけで考えると話が早い。もちろんスイングの基本を右手に置いているゴルファーは右手だけで考えるといいはずだが名案は浮かばないような気がする。この話の根底にはゴルフが飛距離かコントロールかという永遠の謎が見え隠れする。

今は飛距離がより有力な要素になっているが、それは歴史的に見れば入れ替わりが続いている二つの要素に過ぎない。ゴルフはスポーツなのかそれともゲームか、コースの形式と風や雨などの自然がそれを決定する。左腕から来る信号はトータルで考えた場合に、それがゴルフスコアのかなりの部分を支配していると、私は感じている。

« 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) | トップページ | 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) | トップページ | 0204 クラブ選択の原理 その4(ピンの位置) »