« 0214 毛布 | トップページ | 0216 ホックを調べる その2 »

ホックはゴルファーの最初の夢である。スライスから始まるゴルフが自然にホックするようになったとき、それはそのゴルファーのスイングがついに滑らかに無駄なく動いた記念すべき日であると共に、ゴルファーとして地獄の一丁目に立った日でもある。

ドローを打つ必要はない。しかし無理をして妙なホックしか打てなかったのが、ごく自然に美しいホックを打つことができるようになったことは無駄ではない。それはスイングを研究する探検家としての成果だからだ。

しかしひとたび自然なホックに出会うと、元に戻らない場合が多い。それはドローの喜びがしばらく続くために、昔を忘れるほどの時間ホックを打ってしまうからかも知れない。

ゴルファーは真っ直ぐなボールを打ちたい。スライスしか打てないゴルファーがストレイトボールを打つためにはスライスの逆のドローが打てなければならない、と考えるのは自然である。

そしてとうとうドローが出る。しばらくドローを楽しんでいるうちに、ゴルファーはある事実に気が付く。ドローボールはストレイトボールを打つためのマイルストーンではあり得ない、と。むしろスライスの方がストレイトボールのための準備としては優れている。

そこでスライスないしはフェードボールに戻ろうと考えるが、これがなかなか出来ない。特に策を練って生み出したホックやドローはそれをやめれば元に戻るが、元々そういうホックは歯切れの悪いボールで使い物にならないし美しくない。

自然で美しいドローはスイングが洗練され研ぎ澄まされた結果出るものなので、このドローをやめるにはスイングを昔のぎこちなくて無駄の多いスイングに戻さねばならない。そんなことは出来ない。

そこでその発達し進化したスイングのどこにホックボールの原因があるのか考える。洗練された美しいスイングで真っ直ぐのボールが打てるゴルファーが多いのだから、出来ないわけはない。

原因がスイングの動きにあるのか、たとえばフラットスイングでホックを打つメカニズムやアップライトでホックが出るシステムなど、それらはすでに調べ尽くされている。あるいはグリップの機能的な事情でホックが出る場合もある。ホックしろと念じるとホックする場合はやっかいだが、そんな天才はそう多くはない。まずはそれを調べればいい。

グリップを調べる場合はまず右手を調べる。これが一番怪しい。ホックグリップやスライスグリップという名前は単に傾向をあらわすだけで、スライスグリップでもホックが出ることはある。確かな検査方法は右の人差し指と中指の間にグリップを挟むことである。

これで打ってもホックするならばホックの原因はグリップではない。 筆者

« 0214 毛布 | トップページ | 0216 ホックを調べる その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0214 毛布 | トップページ | 0216 ホックを調べる その2 »