« 0187 過負荷と時定数 | トップページ | 0194 パットは究極のコントロールショット »

私はごくまじめなゴルファーである。飛距離のために空しい努力をするタイプではない。しかし、もしも私が普通のゴルファーと同じように飛距離に魅せられたなら、迷わず左手の親指をグリップに沿(そ)わせるのを止(や)める。

これは極限の飛距離を約束すると共に、真っ直ぐに飛ばすために極限の苦労をも約束するだろう。しかし飛距離が好きなら、やるしかない。左手だけわしづかみにするわけだ。

経験上、この方法では左のグリップを普段よりもかなりストロングに握らないとスライスする。スクエアグリップというのは微妙に怪しい、偽善的なグリップである。スクエアグリップはその名前から連想するほど素直なグリップではない。

元々親指をグリップに添わせるヴァードンさんのやり方はショットの安定性を重視したグリップだから、それをやめれば飛ぶ。ついでに右の小指だけでなく薬指もオーヴァーラップすればもっと飛ぶ。いや、人差し指だけ残して右手の指を全部オーヴァーラップすればもっと飛ぶ。打てるかどうかは別にして。

元々親指をグリップに添わせるという握り方は不自然である。人工的である。それなりの価値があって、またそれなりの不都合が生まれる。人工的をアーティスティックと書くが、なるほど、芸術はそういうもんだ。

« 0187 過負荷と時定数 | トップページ | 0194 パットは究極のコントロールショット »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0187 過負荷と時定数 | トップページ | 0194 パットは究極のコントロールショット »