« 0180 方法論上の方法 | トップページ | 0182 クラブバランスを見直すときが来た »

ボールが上昇するのは曲がるからである。真っ直ぐ飛んでいるわけではなく、カーヴを描いて曲がっているのである。しかし真っ直ぐ目標に向かって飛んでいれば、誰も曲がったという気分にはならない。不思議だと思わないか。

スライスボールは顔を右に傾けて見れば真っ直ぐ飛んでいるように見える。ドローだって顔を左に傾ければ真っ直ぐ飛んでいるように見える。ボールが曲がるという感じは地面を基準にしているからそう見えるに過ぎない。

つまりあなたのボールは曲がっていないのである。ただちょっと、平衡感覚が怪しい。だからそのボールを地面から垂直にカーヴさせればそれだけでいいことなのだ。極端な話、長さ60センチのティーにボールをティーアップして打てば、スライサーは真っ直ぐなボールが打てる。これは真実である。

ストレートボールを打とうと思うからややこしくなる。元々自分のボールは曲がっていないと思うことが大事だ。曲がっていると思うと、フェイスの向きをいじったりするだろう。それはおかしい。今までと同じ球筋のボールを、寝かせたり起こしたりして飛ばせばいいだけだ。 筆者

« 0180 方法論上の方法 | トップページ | 0182 クラブバランスを見直すときが来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0180 方法論上の方法 | トップページ | 0182 クラブバランスを見直すときが来た »