« 0196 ノープラクティスポリシー | トップページ | 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために »

2番アイアンでアイアンセットを作る話のあとに、ふとパターも作れることを思い出した。2番アイアンのロフトをゼロにする方向へ曲げると、グースネックのパターが出来上がる。ホンマの2番はその曲げ量の大きさに耐えられず折れたが、以前何度も作ったことがあるから、クラブを選べば曲げられる。

折れたネックの断面を見るとざらざらしているのだが、軟鉄でも砂を混ぜるのだろうか。素人にはわからないが、美津濃のプロモデルは折れなかったし、もう一本たしかマルマンのあまり高くないレディース用クラブに折れないで結構大きく曲げられるものがあった。

実際パターには数度のロフトがあるが、それはパターの構え方で個人差が出るので、一人一人調整するのが普通だ。真鍮(しんちゅう)製のパターが多かったのは簡単に曲げられるからだ。インパクトでロフトがゼロになるように調整するのが普通だ。

なぜわざわざそんなことを考えたかというと、私はパットよりもコロガシの方がうまい。同じ距離ならばパターより7番でコロガしたいと思う。たとえロフトがゼロのアイアンでも、パターよりは打ちやすそうだ、と思った。

なぜかというと、アイアンの形に慣れ親しんでいるということもあるが、もう一つ、ライ角がフラットだからだ。パットはボールの真上に目が来る。少なくともパットラインの真上に目が来るようにと教えられる。しかしそうすると普段打ち慣れているアイアンやウッドとは感じが変わる。私はボールの真上に目を持ってきた途端距離感がわからなくなる。

ボールとカップとを結んだラインを、その真上から見るのは方向を決めたりストロークするにはいいのだろうが、ちょっとわきから離れて見ると立体感が出るので距離感が出やすい。

これは私だけかも知れないが、私がパターが下手な理由はどうもそういうことのようだ。富士山は美しい山だが、もっとよく見ようと近づけば富士山は見えなくなってしまう。パターのライ角をフラットにしてラインを横から眺めるような格好で打つと、打つのは難しいかも知れないが他人のパットを客観的に見ている時と同じ感じがする。

つまり入るかどうかよくわかる。私がアイアンでパットした方が入りやすかったのは偶然ではない。それに加えてもしもパターが使い慣れて実際に今使っているアイアンと同じデザインのモデルならば、構えやすさは飛び切りである。

というわけで、今時は3番アイアンを使わないゴルファーが多いから、それを曲げてパターフェイスを作りシャフトを短くすればアイアンとお揃いの同じデザインのパターが出来上がる。

曲げるのはプロに頼んだ方が無難だが、3番アイアンをパターに作り替えてくれるプロがどこにいるか、それはわからない。ともかくパットが苦手なゴルファーにとって、アイアンセットの中の一本がパターだったら、という発想は悪くないと思うが、どうか。

駿河台下のミズノへ行ってアイアンセットを買う機会があれば、3番アイアンを曲げてパターにしてくれと頼んだらどうだろう。あそこは親切だから即座に断られることはない。検討くらいしてくれると思う。筆者

« 0196 ノープラクティスポリシー | トップページ | 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0196 ノープラクティスポリシー | トップページ | 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために »