« 0218 リニアトラック(練習できないゴルファーのために) | トップページ | 0220 アイアンとウッド、同じに打っては同じに打てない »

以前どこかで、正しいアドレスはボールの中にクラブフェイスをセットしなければならないというような話を書いた。ボールがフェイスに当たってから離れる間にヘッドは幾らか前進する。

その分を補正しないと計算が合わない。インパクトの近傍でクラブフェイスの向きの変化量は最大になる。つまりボールの左側と右側という、僅か5センチ足らずの移動の間にフェイスの向きは激しく変化する。開いているものが閉じていくわけだ。

そこで目標に対して全く向きを変えないリニアに動くクラブフェイスの夢を見る。レコードプレーヤーのリニアトラッキングアームもミクロでみればリニアではない。たぶんギザギザになって動いている。しかしそのギザギザを遠くからみれば真っ直ぐに見える。

動力は大抵回転力で生まれる。だから回転は簡単で滑らかなものだが、それをリニアな真っ直ぐな動きに変えるのは容易ではない。右腕を水平に、前へ習えの格好で腕を左右に30度ほど動かす。それは簡単だ。その時手の平も一緒に動き、手の平の向きは変わる。

同じように腕を左右に動かしながら、手の平の向きが常に同じ方向を向くようにせよ。これは難しくはないが奇妙で不自然な動きになる。バリ島の踊り子の手の動き、みたいな。

ゴルファーはしかしその奇妙な動きと同じことをしている。たとえばパットで、昔は最初にヘッドをボールの前にセットして、それからクラブを持ち上げてボールの後ろにセットした。このとき、前でセットしたフェイスの向きを変えずに後方へ再セットしている。これはおかしい。

なぜなら、もしも自然にやれば、後方にセットされたパターフェイスは少し開いているはずだからだ。アイアンでやってみるともっとよくわかる。ボールの前でセットしたクラブを、手首のごまかし無しにそのままボールをヘッドの裏でどかしながら右側のアドレスの位置に動かすと、フェイスはかなり開いている。

実際その状態からスイングをすればボールは真っ直ぐに飛ぶしスイングに歪みもごまかしもない。しかしアドレスでフェイスを開いて構えるゴルファーはまずいない。

つまり、多くのゴルファーはこの部分だけリニアトラッキングアームのようにリニアに動かそうとして、手首でバリ島の踊り子をやっているのだ。だから手首が不自然な動きになる。この不自然さはたぶんゴルフスイングを相当難しくしている。しかし誰もそれに気付かない。

ゴルフの上達とは嘘に慣れることである。たぶんインパクト前後のクラブフェイスはリニアに動かそうとする余りギザギザになっている。それで微妙にコントロールが狂うし、不自然さはしばしばスイングを壊しミスを生む。リニアトラッキングの夢は破れ、一般的な、クラブフェイスを自然に開いていくスイングの方が安全だということになる。

しかしその普通のスイングにしても、アドレスでフェイスを真っ直ぐ目標に向けたら真っ直ぐには飛ばないはずだ。それが真っ直ぐ飛ぶのはそこに嘘があるからに他ならない。「アドレス教の迷信」で書いたとおりだ。

そして今のところもっとも正しい方法は、ボールの前にアドレスしてフェイスを真っ直ぐ目標に合わせ、そのまま何の小細工もせずそっとクラブをボールの後方、普段のアドレスの位置に動かす。その時開いているフェイスを絶対に修正することなくバックスイングを始める。

これで何の歪みもない自然なスイングでボールを打つことが出来る。開いたフェイスで打つような妙な感じがする、そのことの方が本当の歪み、頭の中の歪みなのである。シャフトのしなりがこれら全ての歪みと嘘を生み出していると思うが、証明できない。 筆者

« 0218 リニアトラック(練習できないゴルファーのために) | トップページ | 0220 アイアンとウッド、同じに打っては同じに打てない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0218 リニアトラック(練習できないゴルファーのために) | トップページ | 0220 アイアンとウッド、同じに打っては同じに打てない »