« 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い | トップページ | 0166 ドライヴァーとパターの精度 »

幅10センチほどの薄い板をグルッと回して、直径が120センチほどの輪っぱを作ったとしよう。スイングしたときに左手の平がその輪っぱをトレースするとして、さて、あなたは輪っぱの内側に手の平を這(は)わせるようにバックスイングをするか、それとも、手の甲を這わせるか。

どちらのやり方でも、インパクトでは手の平の位置、形は同じところへ戻ってくる。したがってアドレスしたときと同じインパクトを迎えることが出来る、だろう。しかしアドレスからインパクトまでの道筋は全く違う。地球を一周するのに東回りか西回りかというくらい、違う。

全てのゴルファーのゴルフ人生は、ここで二手にわかれている。分かれ道で、あなたはどちらの道を選んだのか。よくよく観察すれば、その二つの、全く逆の方法が微妙にミックスされているスイングもあるが、気付いているゴルファーはいない。

私は「テニスからテニス」というブブックで「回転するドラム缶の中」を書いた。ドラム缶の中に入って、その円筒形の内壁にラケットを貼り付けた形にして缶を回転させる。

もしもドラム缶が高速で回転していれば、缶に向かってボールを投げると、ボールははじかれて飛ぶ。それはつまり、ラケットがボールを打っているのと同じだ。無論、同じドラム缶の円筒から垂直にラケットが飛び出しているようにセットされていれば、それはプロペラのように回転し、その力でボールを打つのが普通のスイングイメージだ。

ところがこの方式だとパワーは出るが、どこへ飛ぶか微妙な方向をコントロール出来ない。ドラム缶式ではボールはたいして飛ばせないが、高速回転する円筒をボールに触れさせるだけでボールはほぼ接線方向へはじかれるだろう。

テニスの場合ボールは飛んでくるから当てただけでもある程度のスピードが出せる。昔、まだボールもラケットも飛ばなかった頃はテニスのストロークもプロペラ式だったが、現代的なテニスは回転するドラム缶になってきている。私はそれを「クラッチ打法」と呼んだ。

ゴルフスイングは一般的には輪っぱの内側に手の平を当てる形でバックスイングするイメージがある。しかし手をお化けの手のように下向きに、手の平側に折れば、輪っぱの内側に手の甲を当てることもできる。その状態からバックスイングし、ダウンスイングしてボールを打つイメージも不可能ではない。

人間の手首の性質から、前者の方法は手首のロールが起きやすいし、手首をその形のままスイング中ずっとロックしておくには相当に頑丈な手首を必要とする。ロールが飛距離をもたらす利点はあるが、タイミングがクリチカルになる。

お化けの手の方はどちらかというとドラム缶式に近く、手首のロールというかキックはない代わりに安定して動かせる。ただ一般的な方式に比べると人工的だから、この道を歩くゴルファーは幾らか少数派になっている。

いずれにしろ、ゴルファーはどちらかの道を選択しなければならない。テニス同様、道具が進化すればするほど、飛ぶようになればなるほど、お化けの手方式が効果的になるのは明らかで、50年もたったらこちらが主流になっているかも知れない。 筆者

「お化けの手」方式を見たければ、ジャスティン・ジョンソンのスローヴィデオを見るとよくわかる。

« 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い | トップページ | 0166 ドライヴァーとパターの精度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い | トップページ | 0166 ドライヴァーとパターの精度 »