« 0161 ボールの曲げ方 | トップページ | 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い »

ゴルフスイングはクラブフェイスを開いて閉じるプロセスであると書いた。ダウンスイングでヘッドが落ちてくるに従ってフェイスは閉じていく。それならば普段よりも少し左にボールを置いたら、クラブフェイスはいつもより閉じているという理屈は、しかし通らないだろう。

この場合同じスイングであれば、という条件が付くわけだが、同じスイングではボールに当たらない。ティーアップして打つショットだけが、同じスイングでボールを打つという条件を満たすので、ティーショットでだけ、この理屈は立派に通用する。利用しているゴルファーもいるだろう。

地面にあるボールを打つ場合には、ボールをいつもより左に置くと、フェイスはいつもより開いた状態でボールに当たる。つまり理屈の逆が起こる。それは皿回しの原理に似ている。倒れそうになったら、素早く皿の真下へ土台を移動させると、倒れない。

同様に、ボールを左に置くと、いつもの場所でヘッドがキックするはずのところを、目標が少し先にあるので、ちょいとヘッドが泳ぐ。体も泳ぐ。それでキックが遅れ、フェイスは閉じるタイミングを失う。ボールを引っ掛けたくない場合、理屈の逆にボールを普段よりも左に置くことの意味が、そこにある。

ところが、今度はボールをいつもより右に置いたら、当然プッシュアウトするという自然も捨てきれないだろう。どちらも起こる。ヘッドは開いて閉じるという理屈は揺るぎない事実だけれども、スイングのヴァライアティは無限のオプションを持っている。

そしてその無限のオプション一つ一つに、それぞれ理にかなった説明が付く。物理的事実ばかりでなく、心理的事実もあるだろう。いい加減な理屈でお茶を濁さず、事実は事実なのだから、徹底的に調べ、なぜそうなるのか理解する。無限の事実一つ一つに無限の回答が一つずつ当てはまる。 うれしい。

« 0161 ボールの曲げ方 | トップページ | 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0161 ボールの曲げ方 | トップページ | 0163 トーナメントプロとレッスンプロの違い »