« 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために | トップページ | 0201 コロガシの練習でロングアイアンが打てるようになる、話 »

距離でクラブを選ぶのはプロゴルファーと100を切れない下手なアマチュアだけであるが、その下手くそがプロに習うのだから、話は出来上がっている。私のドライヴァーの飛距離は230だが、常に私に50ヤード後れを取るゴルファーが130ヤードを8番で打つ。私は時と場合によって5番から使う。

私はサンドウェッジのフルショットで50ヤード飛ぶが、70ヤードをサンドウェッジでナイスヒットしてグリーンに届かないゴルファーばかり見る。40ヤード以内でウェッジを持つと、彼らはナイスヒットでショートし、グリーンに届かないか、届いてもピンから15ヤードも手前だ。

彼らが10ヤード以内でウェッジを持つと、30パーセントのボールがトップしてグリーンを駆け抜け、30パーセントのボールは3ヤードしか進まず、残りはやっとグリーンに乗る。賭けてもいい、足で蹴飛ばせばもっとピンそばに寄った。

グリーンに乗っても手前で、グリーンにさえ届かないショートが100回あっても、トップ以外でグリーンオーヴァーしたことは一度もないはずだ。私の試算ではこの比率は天文学的で、下手がウェッジを持った場合、短い距離のウェッジショットがナイスヒットでグリーンをオーヴァーするのを見ることはない。

私は今コロガシを勧めているわけではない。それ以前の事実を語っているに過ぎない。下手なゴルファーはクラブ選択の根拠に距離を使用する。その距離とは練習場での距離である。

練習場はナイスヒット出来るようになっている。アイアンマットの話は済んでいる。4センチティーアップしたボールを使ってサンドウェッジの練習をしてみるがいい。トップしたり下を抜けてしまったり、なかなか難しい。下を抜けたショットは飛ばないが、コースではダフリになってもっと飛ばない。

5番アイアンでも同じだ。ただしティーアップをショートホールのティーグラウンドのようにしてはアイアンマットの助けで打てる。ティーを5センチにして5番を打ってみると、思いの外スライスするはずだ。それを避けようとするとフェイスの上に当たって距離が出ない。ダフっているのだ。

この状況はコースと似ている。コースでナイスヒットする確率は非常に低い。しかもコースには平坦なライもなくアイアンマットの上と同じような状況はほとんどない。つまりゴルフ場ではナイスヒットはないといっても言い過ぎでない。飛距離のロスは約30パーセントである。

ナイスヒットしてグリーンオーヴァーするリスクは万に一つで、そんな希(まれ)な飛距離をクラブの選択に使うのはナンセンスだ。たとえ万が一ナイスヒットが出てしまってグリーンをオーヴァーしても、それは万に一つであり、つまりは万に一つのミスショットとして処理できる。

下手なゴルファーの選ぶクラブはいつも間違っている。3番手近く小さ過ぎる。嘘ではない。少なくとも2番手大きなアイアンを持たなければピンには届かない。ここで悪魔のささやきが聞こえる。グリーンは手前から攻めるのを基本とする。あなたの飛距離ならこのクラブで十分だ、と。

いくら手前から攻める方がいいと言っても、第二打をグリーン手前30ヤードに打ったのではたまらない。残り30ヤードでまたショートする。次にトップする。結局グリーン奥のバンカーから打たねばならない。一打でバンカーから出ない。次に出ても下りのグリーンを転がり落ちてボールはグリーンエッジに止まる。

そこからコロガしたボールは、直接カップイン、する。ここがゴルフの不思議さだ。これがパー4で8打つお決まりのパターンである。ピンまで届くクラブで打っていれば、たとえ奥からのパットになっても4パットで6打である。つまり、手前から攻めるのは正しが、意味を間違えている。そして最後の奇跡的ショットが全てを忘れさせてしまう。それがゴルフだ。

グリーンの手前ギリギリのところにピンが立っているわけでもないのに、ゴルファーはそこを狙うらしい。そしてグリーンに乗ったと喜んでいる。18ヤードのパットが残っているのに。

ピンを狙えばショットの半分は手前に、残り半分は奥に止まるはずだ。しかし奥に止まったボールを見たことはない。ボールはほとんどグリーン手前のフェアウェイにとまっている。

「ピンまで届く」ことと「グリーンまで届く」ことは同じではない。大きなグリーンでは30ヤードも違う。クラブが3番手も違うとも言い代えられる。「グリーンまで」と考えることを「グリーン手前ギリギリのグリーン上」と勘違いし、それをさらに「ピンまで」と思いこんでいる。それでは大きくショートするはずだ。

こうしてゴルファーはショートする。コースでは練習場の距離の70パーセントしか飛ばないことを知らず、ピンとグリーンを同義語と勘違いし、その結果の全てを「手前から攻める」所為(せい)にして済ませている。

トップが心配なゴルファーがいる。トップは飛距離が出るのか、出ないのか。これは案外におもしろい話で、たとえばウェッジのコントロールショットではトップした方が飛ぶが、ラフからウッドでトップすると定距離の2割も飛ばないだろう。フェアウェイからなら大丈夫だ。それではどのクラブがちょうどトップとナイスヒットとの距離が同じになるクラブなのだろうか。

グリーン周りのアプローチでウェッジを使うゴルファーはトップが怖くてざっくりやると言う。それでショートすると思っているらしい。実はクリーンに打ててもショートなのだが、トップしても距離が合うクラブを使えばいいと、思いませんか。しかしそんなクラブはないのです。

ウェッジのフェイスをボールの目線で見ると、ナイスヒットするよりもトップする方が簡単だ、という事実をゴルファーは知らな過ぎるのではないでしょうか。試しに私のウェッジを測ってみたところ、フェイスのセンターで地面から27ミリの高さ、つまりフェイスの厚みが27ミリしかないのです。

一方ボールの直径は42ミリですからフェイスの厚みの倍近くあって、ボールがクリーンヒットできる状態ではボールの上半分はフェイスの上に出ています。これはボールをウェッジのフェイスに乗せて正面から見るとよくわかります。

ボールの半径が21ミリですからボールの中心がフェイスの下端から21ミリの高さ以下ではトップで、クリーンヒットする範囲は上方へ残り6ミリしかありません。たった6ミリです。ハーフトップをよしとすれば幾らか範囲は広がりますが距離は合いません。ちなみに6ミリがどのくらいの幅かというと、鉛筆で8ミリ程度で、単4電池が10ミリです。

ヘッドが6ミリ上下にずれたらアウトです。鉛筆と同じ太さの棒を振り回して空振りしないだけの技術を必要とします。これがミドルアイアンだと高さが50ミリ程度なので、差し引き30ミリのブレがあってもトップしません。ドライヴァーの場合は約50ミリです。

サンドウェッジがいかにトップしやすいか、おわかりでしょう。サンドウェッジはしゃくり上げるなと言いますが、それはよりトップしやすくなるからで、ミスしないためにはクラブをシャットフェイスにしてロフトを立て、打てる面積を大きくして水平に動かすしかありません。

潮干狩りや熊手のイメージで地面すれすれを水平に走れば、どこかでボールを引っかけられるでしょう。円運動を楕円やサイクロイドにしてその弧の部分の曲がりが緩やかなところをインパクト近傍に使用すればいいのですが、それでもフェイスの幅は10ミリ程度しかありませんから、簡単ではないはずです。

« 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために | トップページ | 0201 コロガシの練習でロングアイアンが打てるようになる、話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0198 ロングアイアンを打ちたいゴルファーのために | トップページ | 0201 コロガシの練習でロングアイアンが打てるようになる、話 »