« 0188 左手親指を外せ(飛距離が好きならば) | トップページ | 0191 バックスイング90度地点における真実 »

普段当たり前のようにグースネックと呼んできたが、どの程度からグースなのか知っている人はいない。グースの逆をリヴァースグースと呼んでいるのは今のところ私だけだが、逆なのか反(はん)なのか定かでないにしろ、スクエアネックを定義しないことには始まらない。

アイアンのブレードはフェイスの一番下の部分、それが刃のようになっているのでブレードと呼ぶ。通常ゴルファーはこの線を使ってボールを目標に合わせる。最近では地面の抵抗を軽減させヘッドスピードを落とさないようブレードに丸みを持たせたアイアンもあるが、そうなるとブレードと言うよりスォードと呼ぶのだろう。

(ちなみに「ブレード」と書いているが本当は「ブレイド」と書きたい。しかしそうするとそれでなくてもややこしい話がいよいよ分かりにくくなるのでやめている)

一応ブレードは真っ直ぐな半直線だと考える。シャフトも真っ直ぐな棒だが、太さがあるので線ではない。ここがややこしい。しかもテーパーが付いていて先に行くほど細くなる。そこでシャフトについてはその中心を通る軸としての線と、シャフトの表面の、クラブをアドレスしたときに左側(目標方向)に見える測線の、この二本だけ考える。

さて、どのようなものがスクエアネックと呼ぶにふさわしいのだろうか。アイアンをアドレスした状態に置いてグリップエンドの方からヘッドに向かってのぞき込むように見るとブレードの線が見える。ブレードの線がシャフトの左に見えるかそれとも右に見えるか、簡単に言えばそういう話なのだが、厳密に言うとややこしい。

プロモデルと書いてあるアイアンではシャフトの中心軸の線よりもやや左にブレードの線が見える。左と言ってもシャフトの太さの外までは行かない。大体シャフトの太さの三分の二くらい左に寄っているのが多い。だから二本の線は一直線につながらないで平行に見える。幾何で言うねじれの位置だ。

シャフトの軸を中心に考えるとブレードが左にあるから幾何的にはリヴァースグースと呼びたいところだが、力学的に、スイング的にはやっぱりグースネックだと思う。

私個人としては、シャフトの軸ではなくシャフトの左側面の延長線がブレードとピッタリ一直線になるクラブをスクエアと呼びたい。左側に壁があれば、クラブはシャフトもブレードもピッタリと壁にくっつく。つまりはスイングのイメージと同じだからだ。そこでこれをスクエアネックと定義する。

昔はスクエアネックのアイアンもあったが、現在売られているほとんどのアイアンはグースネックである。プロモデルでさえブレードの手前部分がかすかにシャフトの陰に入って見えない。何時だったが丸山プロが本当にスクエアなネックのアイアンを欲しがっているような、そんな話をしていたが、彼ほどになると、違いがわかるらしい。筆者

« 0188 左手親指を外せ(飛距離が好きならば) | トップページ | 0191 バックスイング90度地点における真実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0188 左手親指を外せ(飛距離が好きならば) | トップページ | 0191 バックスイング90度地点における真実 »