« 0241 バンカーのザックリを防ぐ方法 | トップページ | 0259 ドロー三銃士その1(ホックフェイスの解除方法) »

微妙に球質を変える方法は沢山あって、その中で最も優れた方法は「念じる」ことである。ちょっとドローして欲しいと「念じる」とその通りになるのが一番いい。スイングを変えないからだ。実際にはもちろんスイングは変わる。だから球質が変わるのだが、意識的にあれこれ小細工しない点が秀逸である。

そう言えばティーを上げるとホックが出やすく、低いティーではスライスになるが、なぜだか考えたことはなかった。ちょっと考えたがわからない。これって案外おもしろい話なのかと、思った。

ティーが低ければフェイスの下方に当たりやすく、ティーを高くすれば当然ボールはフェイスの上の方に当たる。シャフトのしなりの作用で、まだヘッドが遅れて走っている場合、フェイスの下の方は上の方よりもロフトが小さくなる。

ウェッジよりもロングアイアンの方がスライスしやすいのと同じ原理が働くから、ティーを低くするとスライスしやすい。いかにももっともらしい話だ。

ティーを高くすればするだけそれはつま先上がりのライから打つのと同じになる。つま先下がりからはスライスが出やすく、つま先上がりからはドローが出やすい。それと同じことだと、これもまた如何にももっともらしい話だ。

そういうことはわかっているとして、ティーを低くするとスライスが出る理由は恐怖感がスイングのテンポを狂わすからである、と思う。私たちがフェアウェイで、芝生の枯れたベアグラウンドの上にあるボールを打つとフェード気味のスライスになるのと同じだ。

プロはそうならない。スイングに自信があるから、ダフる心配でテンポが速くなり、トップ気味に当たるようなことは起こらない。つまりもっともらしい話によってそれなりの変化を受けるのはスイングが正確なプロだけである。

私たちはもっともらしい話の影響を受ける前に、もっと大きな影響を受ける。それはいつもよりティーを低くした場合に、ダフルのではないかという心配からヘッドアップする、打ち急ぐ。それで見事にスライスする。

もっともらしい話は確かにもっともらしいし、間違いではないことが多いが、見落としてならないのは、それ以前の本質である。ゴルファーがスイングやショットを考えるとき、大抵この落とし穴にはまってしまう。 筆者

« 0241 バンカーのザックリを防ぐ方法 | トップページ | 0259 ドロー三銃士その1(ホックフェイスの解除方法) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0241 バンカーのザックリを防ぐ方法 | トップページ | 0259 ドロー三銃士その1(ホックフェイスの解除方法) »