« 0232 イージー・スワンはパターの後を追う | トップページ | 0248 ティーを低くするとなぜスライスが出るのか »

シャンクの話に詳しく書いてありますが、ダフリとシャンクは親戚関係で、ゴルファーはダフルかシャンクするか、必ずどちらか決まっているのです。たとえばバンカーではダフってざっくりやるタイプとシャンクして右に飛ばすタイプがいます。「バンカーの極意」にも書いてある通り、横に振るのが安全ですが、もう少し詳しい話をします。

シャンクがウェッジで起きやすい原因はスイングが普段と変わるからです。普段のフルショットでゴルファーの体はやや伸び上がります。それはごく自然なもので、わざわざ直す必要もないしそれはスイングに悪い影響を与えません。ところが、そういう打ち方で普段のショットをこなしていると、ウェッジのコントロールショットやバンカーショットでミスが起こります。

普段伸び上がる分が無くなるのです。ウェッジのコントロールショットでは慎重に打とうとして頭が全く動かず、体が伸び上がりません。バンカーもクラブを砂の上にソール出来ませんから構えたときよりも浮かせた分だけ打ち込む必要があるのでやはり伸び上がりません。

このときスイングがアップライトなゴルファーは当然ざっくりやります。フラットなゴルファーはシャンクします。これを補正する量について調べました。私はバンカーショットの時フェイスのセンターよりも2センチほど先のところでアドレスします。つまりウェッジのフェイスを真ん中から二等分してフェイスの先の方にある面の真ん中でボールを打つ感じにします。

こうすると実際にはど真ん中に当たります。普段の伸び上がり分を補正しているのです。フラットスイングの場合はシャンクさえ避けられればフェイスのどこに当たってもいいので簡単ですが、アップライトに振るゴルファーはちょっとやっかいです。補正量が縦方向になるので、つまりボールの真ん中あたりをクラブのブレードで打つ、トップするような補正量になるので怖いでしょう。

ですから縦振りをするゴルファーはウェッジのコントロールでもバンカーショットでも普段通りの伸び上がり分を忘れないように打つ方が簡単だと思います。

シャンクの原因はたくさんあります。シャンクを甘く見てはいけません。同様にダフリの原因もたくさんあります。ただし今書いたようなショットで起こるシャンク、ウェッジのコントロールやバンカー、それに7番アイアンなどでするコロガシ、そういうショットの場合の原因は普段のフルショットに対して体の微妙な伸び上がり分が消えることによって起こります。

それに気を付ければ縦振りのスイングのゴルファーがバンカーのザックリを起こすことは避けられます。フラットスイングをするゴルファーのシャンクも避けられます。すべてこの方法が適用できるはずはありません。シャンクやダフリの原因が違えば、通用しません。

« 0232 イージー・スワンはパターの後を追う | トップページ | 0248 ティーを低くするとなぜスライスが出るのか »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0232 イージー・スワンはパターの後を追う | トップページ | 0248 ティーを低くするとなぜスライスが出るのか »