« この頃の私 さい銭箱 2014冬 | トップページ | 0224 点と面 »

アドレスとは一体何なのか、私は考え続けている。「クラブフェイスを開いて構える」というタイトルもそうだが、たとえばアーチェリーでもプール(ビリヤード)でもアドレスはある。アーチェリーのアドレスは矢が引力で落ちていくことを計算して構えるだろう。

それは風を計算するのと同じ事なのか、それとは違うことなのか、それは問題だ。永いことアドレスの謎に挑んで、ふと思った。ゴルファーは動く。頭の位置は動かさなくても、体は明らかに前進している。アドレス教の迷信で断言した通り、正確にアドレスに戻ったゴルファーのスイングからはドローしか出ない。これは間違いない事実だ。

それなのにゴルファーはアドレスに戻れば真っ直ぐなボールを打てると信じ、そして実際打っている、と思い込んでいる。体が目標方向にスライドすれば、当然位相はズレ込む。ゴルファーが自然に体を前進させると、それは円運動の円が目標方向へシフトすることなので位相が遅れる。

つまりクラブフェイスは真っ直ぐになる前、やや開いた状態でボールに当たる、はずだ。野球の投手が足を踏み出して投げるのは自然で、それは全てのスイングに共通する。ゴルファーは頭を残したにせよ前進してパワーをボールにぶつけている。

アドレスに戻ったつもりで真っ直ぐ打てる秘密はここにあった。体が目標方向へシフトする分が、本当にアドレスに戻った場合に左へ引っかけるはずのボールを真っ直ぐ飛ばしていた。

この事実は、パワーの出し方を良く知っているスポーツマンほど体のシフトは大きいからスライスしやすく、運動神経が鈍いゴルファーでしかも真面目なゴルファーは、アドレスに戻ればいいと信じているから体がシフトしないように心がけるのでドローする、という初心者ゴルファーの事実をわかりやすく説明している。

優れたゴルファーはアドレスに戻っているのではない。体がシフトする分とアドレスで構えたスクエアなフェイスの向きとの誤差を、何も知らないまま調整している。本人はアドレスに戻っていると信じているが、実際には体のシフト分との誤差を調整して真っ直ぐな、あるいは思い通りのボールを打っている。これが真相だった。

それではこれから上達したいと思うゴルファーはどうするべきか。上達したいゴルファーはまず、アドレスというものを考え直さねばならない。アーチェリーの競技者が、アドレスで的の真ん中を狙って矢を放てば失敗するのは目に見えている。重力が作用するからだ。もちろん彼らは風も計算するだろう。それはゴルファーも同じだ。

すでにアドレス教の迷信から解放されたゴルファーは、アドレスを単なる目安として考える。大事なのは何時でも同じスイングをすることである。そのボールがどこへ飛んでいこうが、それは問題ではない。とりあえずは自分の好きなスイングをすることがまず大事だ。それが一番安定したスイングを約束する。

そうして次にアドレスとの誤差を調べる。たとえばアドレスでいつものように目標に真っ直ぐセットすればボールは左に引っかかるはずだが、もしもそうならないならば、体の左へのシフト量がどれくらいだとマッチングが取れるか、それを決めればいいし、アドレスで、体のシフト分の位相ズレをフェイスを開く量として計算し、その分だけフェイスを開いて構えればいい。

少なくとも、アドレスの真相さえ知っていれば無意味に迷ったり悩む必要はない。風を計算して打つのと同じ感覚でアドレスもまた計算すればいい。体は風で動くわけではないが、フルショットをしようとすれば人間動力の本質的な仕組みにしたがってその体は左へシフトする。風の自然と全く同じ自然がそこにある。

それをごまかし、嘘に嘘を重ね塗りして納得する馬鹿げた常識は捨てよう。ここから新しいゴルフが始まる。迷いはないし、悩みもない。ただ何時でも同じスイングが出来るように体を鍛え、そのスイングに合わせたアドレスを作る。そしてコロガシの練習でゴルフを楽しむ。うーん。

好きなスイングでいいと書いたが、そのスイングがスイングとしての許容範囲を超えている場合は新しいスイングを作らねばならない。激しいカットスイングは一般的で、それは本人も気付かない場合が多い。

そのスイングが許容範囲にあれば、フェード打ちの名人になれるが、左45度に打ってぐるっと曲げるのだからパワーのロスが大きい。それで普通の飛距離が確保できればそのままがいいが、足りなければ別の、次に好きなスイングに変えねばならない。

« この頃の私 さい銭箱 2014冬 | トップページ | 0224 点と面 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« この頃の私 さい銭箱 2014冬 | トップページ | 0224 点と面 »