« 0286 フェイスを開いて構えるゴルファーに大切なお話 | トップページ | 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 »

これはプロを含むごく熟練したゴルファーだけが考える話題だが、ゴルフスイングにはそれがどんなスイングであれスイングの一部分にブラックボックスがある。人間には見えない、認識できない領域だ。電子回路のブラックボックスはそれ自体を設計した奴が存在するが、ゴルフスイングのブラックボックスの中身は神のみぞ知るものである。

私のスイングはフェイスが閉じてボールに当たるからホックする。スイングが悪いと考えれば話は早いが、それは正しくない。なぜかというと同じスイングでボールを真っ直ぐに飛ばすクラブはある。

たとえばレディースシャフトを付けたクラブを使えばホックは小さくなるし、飛距離は伸びる。ヘッドの形状を変えても真っ直ぐに飛ぶ。つまり論理的に私のスイングが悪いという理由はない。

私のスイングはねじれも曲がりもない理想的なシャフトと、ヘッド自体のトルクが小さいクラブを基準に作ったのだが、そんなクラブはこの地球上では作れない。しかし逆におよそどんなスイングでも真っ直ぐ飛ぶクラブは作れる。この場合の真っ直ぐとはボールと目標とを結んだ線上のどこかに、打ったボールが必ず止まるという意味である。

初心者がアウトサイドインにカットしたボールを目標に向けて真っ直ぐ飛びださせることはたぶん不可能だが、落ちる場所をライン上にすることは出来る。スイングの方が変化しなければそれでいいが、そういうスイングをするゴルファーはスイングが毎度同じにはならないので役には立たない。

私がスイングを変えずにクラブシャフトを代えて真っ直ぐ飛ばすようにしたとしてもそれは進化したわけではない。軟らかいシャフトの中にブラックボックスが生まれるからだ。

硬いシャフトのまま真っ直ぐに飛ばすため私はフェイスを開いて打つが、その加減は微妙で、スクエアに構えられればその方がいいが、フェイスの開き具合はクラブごとに違う。これがブラックボックスだ。
この微妙さを軟らかいシャフトに移動させ任せてしまうと、スクエアに構えて真っ直ぐに飛ぶようにはなるが、今度は自分の力で真っ直ぐに飛ばすよりももっと微妙な誤差をコントロールしなければならなくなり、それは不可能に思える。なぜなら硬いシャフトの方がクラブの挙動は単純だからわかりやすく、コントロールしやすい。

柔らかなシャフトが200グラムの重りを時速200キロで動かしているときに、どこで何がどう起こるかイメージし切ることは出来そうにない。ほとんどのゴルファーが突然ボールを曲げて失敗するのはそういう事情に依っている。スイングのブラックボックスを自分のスイングから道具の方へ押し込んで自分は涼しい顔をして打つからいけない。

それよりは自分の中にブラックボックスを置いて常に考え続ける方がいい。どんなプロでもスランプに陥ればこのブラックボックスと向き合うことになる。そのとき大切なのはブラックボックスをただ移動させてもそれは進化にならないということを知っていることだ。

高速で動くゴルフスイングにはブラックボックスがある。ブラックボックスを出来るだけ小さくすることが進化である。スポンサー付きのプロはしばしばドライヴァーを替えるが、ごく上級のアマチュアゴルファーは使い慣れたドライヴァーを使い続ける。

あと10ヤード余計に飛ばせれば世界が変わるというホールはゴルフ場に一つか二つしかない。そのためだけにドライヴァーを替え、残りの16ホールに危険を冒すことを上手なゴルファーはしない。 一番大きなブラックボックスはヘッドスピードが一番速いドライヴァーショットにあるのだから。 筆者

« 0286 フェイスを開いて構えるゴルファーに大切なお話 | トップページ | 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0286 フェイスを開いて構えるゴルファーに大切なお話 | トップページ | 0288 アイアンのインパクトライン痕跡測定器 »