« 0535  アイアンのパター3(ウェッジ型パターと普通のパターの違い) | トップページ | 0537  パットと利き目の話 »

パターにはわずかながらロフトが付いている。パターにロフトはいらないと思うかも知れないが、ロフトゼロのパターを作って少しでも被せて打つと、打った直後に跳ね上がる。ビリヤードのテクニックと同じだ。それで普通は数度のプラスロフトが付いている。

普通の横向きパットスタイルで、ボールをスタンスの左端に置くゴルファーと真ん中に置くゴルファーがいる。当然ロフトは変わる。ゴルファーはボールを一番打ちやすい所に置くか、一番真っ直ぐに正確にヒットできる位置に置く。

もしもパッティングスタイルとして自分が一番打ちやすいところにボールを置くとうまく打てないのに、違う場所にするとうまく打てる場合はどうしたらいいか。ゴルファーは新しいパターを買うのである。

ロフトによってボールが転がり出す方向は違う。そんな馬鹿なと思うかも知れないが、やってみると驚くほどはっきり違う。だから自分の好きなスタイルで打って、しかも一番正確に打てるロフトがある。

私のパットは前向きなので、横向きのように複雑な要素がない。それで練習していて、ロフトが方向を変えることに気付いた。もちろん、それは打ち方の癖であり、悪い打ち方だから真っ直ぐに打ち出せないのだが、自分の好みの位置にボールを置いて、それで真っ直ぐ打てる方がいい。

ロフトはない方がいい。ロフトがあると方向がずれる。しかしパターのロフトをゼロにしても意味がない。打ったときのロフトがゼロになるように、自分のパッティングスタイルに合わせてロフトを調整しなければ真っ直ぐ思ったラインには打ち出せない。

やってみるとこの差は非常に顕著で、本当にうれしくなることを保証する。ピンパターのような、真ちゅう色のパターでネックが細いものは踏みつぶせばすぐ曲がるくらい柔らかい。何かに固定して曲げるのは簡単だ。

ボールを左に置くタイプのゴルファーのパターのロフトはかなり上を向いている。どう打ってもロフトゼロにはならない。ボールを真ん中に置くタイプは打ち方次第では理想的なロフトで打っているはずだ。

自分のパッティングスタイルを考えて、まずは少し曲げてみる。そして打ってみると、驚くようなことが起こる。それがいい方ならそれを突き詰め、悪い方だったら逆の方へ動いてみる。パターのロフトがこんなに大きな変化をもたらすとはやってみた者にしかわからない。

私の場合、以前よりもロフトを小さくした。以前はどう慎重に打っても幾らか左に出ることが多かった。前向きパットなので引っ掛けとは言わないが、やはり体がボールの左側にあるのが原因だと思っていた。それでボールに被さるような格好で構えると割合真っ直ぐに出た。しかし打ちにくい感じがあった。

ロフトを小さくしたら、自分の好む格好で打っても真っ直ぐに出る。つまりロフトがそこでゼロに近くなるようなロフトなのだろう。断っておくが、ロフトがある場合、パターのかかとを上げたような、パターを立てた形で打つと理論上は右に出るのだが、実際は左に出ていた。

重心やトルクなど沢山の要素が絡み合っているので、それら全てを正確に測定すれば原因は分かるが、わかってもそれを応用するほど私の体は精密に作られていないから、意味無しとして調べていない。とにかくロフトをいじってみることだ。誰にでもすごい発見が待っている。

ロフトによってボールが出る方向が変わるという事実は、ロングパットとショートパットで打ち方を変えるべきだということを示唆している。8メートルのパットと2メートルのパットでは打つ強さが違う。訓練すれば同じロフトでインパクトできるが、月一ゴルファーにはもっと手軽な方法がある。

常識的に考えて、強く打つときには弱く打つときよりもヘッドはシャットになる。シャットになるゴルファーの方が多いだろう。その際にはロフトが小さくなる。だからロングパットではボールを普段よりもボール一個分程度左に置くと、普段のショートパットと同じロフトでインパクトできる。

ゴルファーのタイプや打ち方によっては逆になるが、それはあらかじめ練習グリーンで確かめておけばいい。ボールの位置を変えるとボールの転がる方向が変わるのはフェイスの向きと言うよりロフトのいたずらである。もちろん実際に変化するのはフェイスの向きだが、それを決めているのはロフトなのである。変な話だが、事実だ。

前に書いたが、どんなに優れたパターを作っても、距離に対して万能ではない。ある距離に合わせて作るしかない。ショートパットで正確に打てるパターを作ればロングパットでは真っ直ぐ出ない。これは練習でカヴァーするのだが、何を練習しているかと言えば、同じロフトで打つように訓練するのである。

ボールの位置を変えるのは手軽で効果的だが、パターをもう少し工夫して作る可能性は残されている。私たちは負の温度係数を持ったコンデンサーをしばしば使う。回路の部品の中には温度が上がると性格が変わるものも多い。大抵は温度が上がれば活性化する。

そうなると回路の特性が変わってしまう。それを防ぐには温度が上がると不活性になるような対抗部品を入れる。負性抵抗とか、UJ,SHといった種類の負の温度係数を持ったコンデンサを便利に使って回路を安定させる。パターにもそういう手は使えるだろう。

強く打つほどロフトが小さくなりやすいならば、スイングが速くなればそれに比例してシャフトのキックバックも速くなるようなシャフトを使うと、ショートパットもロングパットも同じ感じで打っていながら同じロフトでインパクトを迎えられる。あるいはヘッドのトルクを調整しても同じ効果は期待できる。

こうして距離の変化に対する方向の変化を自動で補完するパターは夢ではない。誰にでも合うものを作るのは難しいが、全般的に見ていい方向へ持っていくことは簡単だ。今のところのパターはフェイスの向きが穏やかに変化するように、それで安定したパットが出来るような消極的工夫しかしていない。

むしろL字型の方が積極的な工夫を施そうとしているように見受けられる。もっとダイナミックな工夫をするためにはただ真っ直ぐ打てるパターという漠然とした目標では駄目で、何をどうするという直接的目標が不可欠である。「ロフトの変化に注目する」という視点は、積極的に真っ直ぐ打てるパターを作り出すための一つのヒントである。

私はすでにそのための検査器具を設計し始めた。

« 0535  アイアンのパター3(ウェッジ型パターと普通のパターの違い) | トップページ | 0537  パットと利き目の話 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0535  アイアンのパター3(ウェッジ型パターと普通のパターの違い) | トップページ | 0537  パットと利き目の話 »