« 0490  脳感パット | トップページ | 0492  パターフェイスの材質について »

パットするとき、腕だけでなく体もカップ方向へ動くゴルファーはとても多い。あんなに動いたら困るだろうと普通は考えるが、それではなぜ体が動いたらいけないのだろうか。

無論それ以前に、体が動いていることに気づかないゴルファーがほとんどなので、今度練習グリーンで誰かに見てもらった方がいい。本人が思うよりずっと大きく動いているのが普通だ。

体が動かなければボールは決して打てないわけで、つまりゴルフは出来ない。それでもパットは腕の動きだけで間に合うから、わざわざ体を揺らす必要はない。ないが、動かしてなぜ悪いか。動かすのに慣れていれば問題はない、だろう、か。

たとえばヘッドアップについて言えば、前向きパットの私はヘッドアップして打つ。ヘッドアップしても方向がブレることはない。その代わりに力加減が変わる。ヘッドアップの量で打つ強さを調整できるくらい、違いが出る。

横向きパットではそれが方向のブレになる。だからヘッドアップはしない方がいい。ヘッドアップの加減で方向を調節するというのはすごく難しそうだからだ。

私の前向きパットのスタンスは右足をボールのわきに置いて、左足を後ろへ引いて構える。このアドレスでボールをヒットするとき、体重が前、つまり右足へ移動するのがわかる。

体重移動が起こるとボールは予定より強くたたかれる。自分のイメージの力加減が、体重移動によって狂わされる。だから私は体を揺らさない練習をしている。横向きで体が動くと、力加減が変わるだけでなく、方向も変わる。

従ってパットをするときに体を動かすのは、特別な感性を持っているゴルファー以外、百害あって一利ない、ということだ。それにしても、相当上手なゴルファーを除くと、ゴルフ場で見るゴルファーのほとんど全員がかなり体を揺らしながらパットをしている。

首に、敏感に鳴る鈴でもぶら下げてパットの練習をしてみたらどうだろう。 筆者

« 0490  脳感パット | トップページ | 0492  パターフェイスの材質について »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0490  脳感パット | トップページ | 0492  パターフェイスの材質について »