« 0537  パットと利き目の話 | トップページ | 0539 確率型パッティングフォームではボールはカップに入らない »

0538 イージースワンの6番アイアンについて

Dsc00015

写真は私が長年愛用しているイージースワンのアイアンセットです。以前から書いているように、普通のアイアンと違います。サンドの傾きを見ると、左へ傾いているでしょう。

これが普通のアイアンの姿です。デパートなどのゴルフ用品売り場ではこういう形で展示されていないので気付かないと思いますが、アメ横あたりのゴルフ専門店では棚にこういう形でアイアンが並んでいます。

ヘッドは全て左へ傾いているはずで、写真のような姿は見ることが出来ません。右から数えて6番アイアンを見てください。この6番は最も打ちやすいクラブで、何時かイージースワンのアイアンを製造できる日が来たときには、この6番を基準にする予定にしています。

写真はやや斜めから撮ったもので、実際には6番アイアンはほぼ真っ直ぐ垂直に垂れ下がっているのです。これが何を意味するのか、誰も知りません。しかし6番が一番打ちやすいと、15年間のテストでわかっています。

読者が使う全てのクラブは、この6番のようにヘッドが真っ直ぐ垂れ下がることは決してありません。 筆者

« 0537  パットと利き目の話 | トップページ | 0539 確率型パッティングフォームではボールはカップに入らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0537  パットと利き目の話 | トップページ | 0539 確率型パッティングフォームではボールはカップに入らない »