« 0416 ショートウッドを調べる | トップページ | 0418 ミズノのゴルフクラブ唯一の疑問 »

ライ角のセッティングに神経を使うのは主にロングアイアンで、それはアドレスのしやすさ、構えやすさが目的になっている。出来るだけ気分良く構えられるようにセットすれば力みもミスも少なくなる。

それに比べるとショートアイアンのライ角はさほど神経質に調整もしないしあまり気にならない。ひどく立っていてホックしそうな感じがするとき以外調整しない。それはもともと短いクラブは上手に打てるから、少々の無理、腕を起こしたり、ボールを近くに寄せたりといった調節が無意識に出来てしまうからだ。

しかしロフトが大きくなるほど、ライ角のわずかな変化が方向に与える影響は大きくなる。ちょっと立てて構えただけで、クラブフェイスは目標よりも相当右を向いている。だから右に飛ぶと言うより、スライスしやすい。

逆にトウ(ヘッドのつま先)が浮いているとドローする。これはロングアイアンではほとんど無視できるくらいの誤差なのだが、6番アイアンよりロフトが寝ているクラブの場合、到底無視できる誤差ではない。

設備がないとわからないことなので、一応の目安として、普段の構えからちょっと立てたり寝かしたりして構えた場合に、方向の誤差はウェッジ100ヤードで20ヤード近くなる。7番140ヤードでも20ヤード。

つまり誤差の角度が同じ場合、普通なら距離が長くなるほどピンから遠ざかるはずだが、遠くへ打つクラブほどロフトは小さくなるので、相対的にピンから離れる度合いは一定する。大体20ヤードだ。

構えによって打ち方も変わるから、ライ角の影響だけを抽出することは難しいが、打ち方が悪いとか、打ち方が違っていると思いがちな方向の誤差は、案外構えたときの姿勢によってライ角が変わることに原因している。

7番以降のクラブでは注意した方がいい。「短く持つアイアン」と同じ原理だ。 筆者

« 0416 ショートウッドを調べる | トップページ | 0418 ミズノのゴルフクラブ唯一の疑問 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0416 ショートウッドを調べる | トップページ | 0418 ミズノのゴルフクラブ唯一の疑問 »