« 0463 シャンク、もう一つの見方 | トップページ | 0465 クラブヘッドの重さ »

アドレスをするときに、右腕一本でクラブをボールに対してセットし、スタンスを決め、それからおもむろに左手を出してグリップを握る、というやりかたを、昔中島プロがやっていた。

気にして見たことはないが、そういうアドレスのルーティンは珍しいというほどではないが多数派ではない。パットでは結構多くのゴルファーが右手でパターフェイスを合わせてから両手で握り直す。ジャスティン・レナードがやっている。

アイアンを構えるときに、普通は両手でグリップしたクラブをボールに合わせ、それからスタンスを取るが、これを右腕だけでフェイスをボールに合わせて方向を決め、そのあとスタンスを決めると、私の場合ボールとスタンスの距離が変わる。

両手で構えてスタンスを取った場合よりもボールが遠くなる。ボールとスタンスとの距離をクラブごとに知っているゴルファーはいないと思うが、私の場合、シャフトに印が付いていて、必要なときはそれに合わせる。

ただし、いつもその印に合わせてスイングしているわけではないので、その距離はかなりいい加減になっている。印を付けるのは素振りをしているときだが、印の位置は一定しない。その日に感じがいいと思ったときに印を付けるのだが、次に感じがいいと思ったとき見ると、位置が同じにならない。

出来れば常に印に合わせて、ボールとの距離をクラブごとに一定なものにしたいのだが、どれほどの距離が最適なのか、それがわからないので、始まらないのだ。プロゴルファーにしても、スタンスとボールの距離をセンチメートル単位で把握している人はいないだろう。

スイングは進化するし、退化する時期もある。いいときに付けた印が、次のいいときに同じ場所にならない。身長は変わらないし、手の長さも同じだろうから、それはスイングが進化した結果としか言いようがない。

それにしても、同じスイングを心がけるゴルファーが、ボールとの距離を測ったことがないというのは妙な話で、アルコールで洗った手を、床を拭いた雑巾で拭くようなものだ。

ボールとの距離を遠くすればシャンクしないという考え方は完全に間違っているが、シャンクが出たときに、ふと思い出して右腕でアドレスし、スタンスを取ってみると、ボールからかなり離れた感じになり、スイングするとシャンクしない。

無論、初めから遠くへセットしてもシャンクするときはする。たぶんシャンクしたそのスイングのスイングイメージと、ボールとの距離がうまく合っていないのだろう。右でアドレスを取ってスタンスを決め、そのあとに左手を添えるとシャンクしないなら、こんなうれしい話はない。

何十年も、こういう夢を見続け、目が覚めてがっくりする。けれど正夢を見るまで、懲(こ)りないんだ、私は。 筆者

« 0463 シャンク、もう一つの見方 | トップページ | 0465 クラブヘッドの重さ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0463 シャンク、もう一つの見方 | トップページ | 0465 クラブヘッドの重さ »