« 0573 スライサーのバンカーショットとホッカーのバンカーショット | トップページ | 0575 テニスとゴルフのグリップに共通する、手の平の溝の効果 »

0574 私のドライヴァーショットが行き先を変える理由
私のドライヴァーはほとんど曲がらない。軽いドローで飛んでいくことになっている。ただ、ワンラウンドに一回だけ、右へプッシュアウトする。また最初のティーショットではドローが強く出てトラブルになることもある。
スタートホールのミスは定常なので大胆に左を避ければ問題ないし、原因はまだ体が動かないからなので、本当に避けたいと思えばスタート前にボールを打てばいいのがわかっている。
ところが、いつ出るかわからないがどこかで必ず出るプッシュアウトについてはずっと考えている。今のところその原因はラウンド中にだんだんとフラットスイングがアップライトになっていくからだと思っている。
私のスイングは「フラットスイング」だからドライヴァーでは完全に「横振り」に見える。アイアンはシャフトが短いのでフラットスイングでも縦振りに見える。フラットスイングは腰を酷使する。知らない間に体が疲れて来ると、無意識にスイングが「縦振り」になってきて、最後にはスイング自体が「アップライト」になるようだ。
アップライトは腰には楽だが、膝(ひざ)と上半身を酷使する。ワンラウンドの間に体が楽な方へと逃げるのが、突然のプッシュアウトの原因ではないか。それを防ぐには体を鍛えるか、あるいはティーショットで常にそのことを意識出来ればいい。
ミスヒットの原因はゴルファーそれぞれだが、ミスショットはともかく、ある程度安定してナイスヒット出来るゴルファーが起こすミスヒットには必ず原因がある。それはずっと考えていればそのうちにわかるものだ。 筆者

« 0573 スライサーのバンカーショットとホッカーのバンカーショット | トップページ | 0575 テニスとゴルフのグリップに共通する、手の平の溝の効果 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 0573 スライサーのバンカーショットとホッカーのバンカーショット | トップページ | 0575 テニスとゴルフのグリップに共通する、手の平の溝の効果 »